CHESS 上演不可能なものを上演することの素晴らしさ

ABBAのベニーとビヨルンにとって、今週はかなり楽な一週間です(というか、彼らにとって楽な一週間でない時はないのですが)。ドルリー・レーンのコンサートでは『Chess』、隣のノヴェロでは『マンマ・ミーア!』、専用の講堂では『ABBA Voyage』、O2では没入型ダイニング『Mamma Mia!』の4つのライブショーが同時に開催される予定です。

これは、彼らのほとんど欠点のない、素晴らしい楽曲を提供する能力を証明するものです。他の3つのショーのABBAのバックカタログはさておき、Chessは音楽の宝庫である。「I Know Him So Well」「The Arbiter」「Pity the Child」「Anthem」「One Night in Bangkok」「Heaven Help My Heart」「Someone Else’s Story」など。

月曜の夜のコンサートを終えて、鼻歌を歌いながらドラリーレーンを後にしたとき、私の心に残ったのはこの言葉だった。ニック・ウィンストンは、パンデミックに見舞われた日本で『CHESS』を上演したが、このミュージカルでは、曲の良さを生かした、洗練された、控えめなバージョンに仕上がっている。また、Ben Cracknellの照明がDrury Laneに光線を放ち、冷戦時代のパラノイアを思い起こさせます。

納得のいく本がないため(ChessはGCSEの現代史の試験よりも多くの改訂版が出されている)、ショーは乱高下する傾向があり、ある時はストーリーが混乱し、ある時は同じプロットに何度も登場することになる。作詞家のTim Riceは、Drury Laneのプログラムでブロードウェイでの公演を大失敗と呼んでいる。登場人物は大ざっぱに描かれ、その背景は一本調子で、薄っぺらい。コロシアムで上演された作品が微妙な反応を示したのは、そのためである。

しかし、あの曲は!?サマンサ・バークスが「Nobody’s Side」で背筋をゾクゾクさせ(ウエストエンドのエルザにふさわしい)、ハドレー・フレイザーの「Anthem」が、この上なくクリーンで完璧な音だったことは忘れることができないだろう。ジョエル・ハーパー・ジャクソンの麻薬中毒のフレディは、チェスプレーヤーにボリシーな残忍さを吹き込み(そして天使の歌声)、ボニーとクライドの後にこの会場に戻ってきたフランシス・メイリ・マキャンは「So Well」で完璧にデュエットしています。今日一日、暇な人は必見のコンサートである。

私は考えさせられた。ニューヨークでは、「アンコール」シリーズというのがある。現在ブロードウェイで上演中の「イントゥ・ザ・ウッズ」をはじめ、いくつかの素晴らしいミュージカルがリバイバルされています。イギリスでも、同じようなことをやってもいい時期なのかもしれません。LMTOは、このChessに同行することで、それを実現するのに完璧な位置にいると思われます。LMTOに本拠地(サウスバンク・センターかロイヤル・アルバート・ホールか)を与え、定期的なシーズンを設け、組織的な支援をすれば、私たちは前進することができるだろう。

その一方で、『Chess』は一連のコンサートの序章であり、ファンの間で人気の高い『Kinky Boots』の新プロダクション(ウエストエンドで上演されたばかりなので、おそらく完全な再演は不可能)や、『Eugenius』のようにセミステージコンサートを通じて人気を集めてから本公演に臨みたいような新作ミュージカル『Treason』も上演される予定である。これらのコンサートは、商業的に安全な賭けであり、最高の舞台才能の展示であると同時に、観客に一回限りの贈り物を提供するものである。何が気に入らないのか?

https://www.whatsonstage.com/london-theatre/news/chess-at-theatre-royal-drury-lane-the-beauty-of-st_57052.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。