James Rightonがベニーと一緒に新曲「Empty Rooms」を発表

Klaxonsの元メンバーJames Rightonがベニーとのコラボレーション曲「Empty Rooms」を公開しました。

この曲は、今月発表されたRightonの新しいソロアルバム「Jim, I’m Still Here」の最新プレビューで、SoulwaxのレーベルDEEWEEから7月8日に発売され、David and Stephen Dewaeleとの共同制作となっています。

ライトンは、来月から始まるABBAのロンドンでのレジデント・ライブ『Voyage』のライブバンドを結成する際にベニーと知り合った。

RightonはAnderssonがこの曲に参加したことについて「彼は今までこのようなことをしたことがなかったんだ」「私が緊張して彼にトラックを送ると、数日後、彼は完璧なキーボードラインを送り返してきました」「Empty Rooms “は、静かな葛藤について歌っているんだ」と彼は付け加えました。「この曲は自分の欠点に気づき、それを克服するためのものだ。アルバムの他の曲と同じように、監禁中の生活の別の側面を映し出しているんだ」。

『Voyage』ライブでは、ロンドンのクイーン・エリザベス・オリンピック・パークに新設された3000人収容のABBAアリーナで、「デジタル」バージョンのABBAが10人編成のライブバンド(ライトンの協力で結成され、リトルブーツが参加)とともに2022年5月27日から連続公演を行なう予定となっています。

昨年NMEに語ったところによると、ライトンは「ABBAのような伝説的なアクトと一緒に仕事をするとき、誰にも何も言わないようにするのはかなり難しい」と説明している。このマルチインストゥルメンタリストは、デヴィッド・ボウイの「ブラックスター」と「ラザロ」のビデオを監督したヨハン・レンクが連絡を取り、プロジェクトに協力するよう依頼して以来、2年間「驚くほど秘密裏に」参加してきたことを説明した。

彼は私に電話をかけてきて、「『今やっているプロジェクトがあるんだ』と言ったんです」とライトンは言います。「彼は “ABBA “という言葉を発し、私は顎を下げた。ABBAの再結成の噂を聞くたびに、信じられないような気持ちになるんだ」。

サイモン・アムステル監督の『ベンジャミン』(2019年公開)など映画のサウンドトラックを制作する一方で、ライトンは近年、ショック・マシーンの名で活動し、昨年にはソロ・デビュー・アルバム『ザ・パフォーマー』をリリース、最近のダンスシングル「リリース・パーティー」ではソウルワックスのメンバー、デヴィッド・デューエルと組んで、今後の展開の一例と語っている。

James Righton shares new song ‘Empty Rooms’ with ABBA’s Benny Andersson

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。