Stufish、ロンドンでABBAバーチャルショーを開催するために「世界最大の脱着式会場」を制作

イギリスの建築スタジオStufishがロンドン東部に建設した六角形のABBA Arenaが、スウェーデンのポップグループABBAのバーチャル再結成ツアーの会場となり、オープンしました。

ABBAアリーナと名付けられた、クイーン・エリザベス・オリンピック・パークに近い3000人収容のこの会場は、2022年5月27日に始まったABBAのバーチャルリアリティ再結成ツアーの拠点として建設された。

Stufishによると、この会場は世界最大の脱着式で、5年後の公演終了後に移設される予定です。

イベントと構造のスペシャリストであるES Global社が建設した六角形の会場の形状は、観客がデジタルショーを途切れることなく見ることができる必要性から直接導き出されたものです。

「ABBAアリーナは、ショーの要件と観客の体験が、その後のすべての核となる推進力であることを意味し、内側から設計されました」と、Stufish社のCEO Ray Winkler氏はDezeenに語っています。

「座席の配置とスクリーンやステージとの関係から、パフォーマンスの魔法を維持し増強しながら、ショーのロジスティクスと技術的な要件をすべて提供できる大きな単一スパンのスペースが必要でした」と彼は続けました。

「ライブパフォーマンスとABBAターをかつてない方法で融合させ、デジタルとフィジカルを融合させることで、両者の境界線をあいまいにしています」。

高さ25.5mの建物は、スチールとマス・ティンバーで作られています。大きなストリップライトLEDのABBAロゴを組み込んだ垂直な木材のバテンで包まれています。

バテンで覆われた外観からは、1,650席と1,350人の立見客が収容できるアリーナを囲む大きなジオデシック・スチールドーム屋根を垣間見ることができます。

「木材の持続可能性とスカンジナビア建築との関連に加え、木製スラットは、材料を効率的に使用して広い面積をカバーするクリーンでモダンな外観を与えています」とWinklerは述べています。

ABBA Voyageツアーは、スウェーデンのポップグループのメンバー4人が6500万画素のスクリーンに映し出されるバーチャルショーです。デジタルABBAターがグループの楽曲を演奏し、90分間のバーチャルショーが楽しめます。

インテリアは、観客の視界を損なうことなく360度の体験ができるよう、70メートルの円柱のない空間を作るようデザインされています。

この構造体は、ABBAのバーチャル・レジデンスの終了後、会場を分割して他の場所に移設できるよう、取り外し可能な設計になっています。

Stage Oneが製作したハニカム状の木製のキャノピーは、敷地入り口から会場入り口まで伸び、来場者を屋外から守っています。

キャノピーの下には、ゲストラウンジ、トイレ、飲食・物販店が六角形のモジュールで構成され、会場のジオメトリーと呼応するように配置されています。

このアリーナは、ロンドン東部の土地に5年間存続することが許可された。

Stufishは、世界中で数多くのパフォーマンス会場の制作を手がけています。中国では、うねるような黄金のファサードで劇場を包み込みました。2021年には、コロナウィルスのパンデミックに対応した社会的に分散された縦型劇場のデザインを発表しました。

https://www.dezeen.com/2022/06/09/abba-arena-stufish-virtual-tour/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。