Swedish House Mafia、年を取ってツアーができなくなったらABBターを作る

SWEDISH HOUSE PARTY ABBAのホログラム・ツアーに触発されたSwedish House Mafiaが、年を取ってツアーができなくなったらABBAターを作ると言い出した。

今年初めに再結成し、コーチェラ・フェスティバルのヘッドライナーを務めた巨大DJグループ、Swedish House Mafiaは、今後もペースを落とすつもりはないようだ。

Steve Angello、Sebastian Ingrosso、Axwellの3人組は、4月に初のスタジオアルバムParadise Againをリリースした後、今までにないほどツアーに出たいと意気込んでいるようだ。

そして、もしツアーに飽きてきたら、同じスウェーデンのバンドであるABBAのように、自分たちの代わりにABBAターにお金をかけることも考えているそうだ。

Steveはこう言っています。

「僕らが疲れすぎて外に出られなくなったとき、そしてファンのエネルギーに溺れていないとき、そうなるかもしれないね」
「技術的には素晴らしいものになるだろう。20年後には、その違いに気づかないかもしれない」
「私たちはステージ上を走り回る歩くホログラムになるんだ」
「今はまだ、会場のエネルギーに依存しすぎているので、ABBAターになることはないだろう」。

数週間後、SHMはイビサに戻り、Ushuaiaで一回限りの特別なセットを行なう予定だが、彼らはすでに大規模なアフターパーティーを計画している。

アクセルは次のように語っている。

「この島がどうなっているのか、どう進化しているのかを見るのが楽しみで仕方ないんだ」
「ウシュアイアは素晴らしいし、僕らの知り合いはみんな僕らのショーに足を運んでくれるんだ。僕らが最高のアフターパーティーをすることを知っているんだ」
「みんなそこに行きたがるんだ。会場のステージの裏にあるんだ。バックルームがあって、そこから秘密の場所に持っていくんだ」。

もし、海外で彼らのライブチケットを手に入れることができなかったのなら、彼らは9月と10月にイギリスのあちこちでライブを行なう予定だ。

https://www.thesun.co.uk/tvandshowbiz/18826239/swedish-house-mafia-abba-hologram-tour/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。