【レビュー】ABBA Voyageは「卓越した技術で、効果的な欺瞞を実現した」作品!!

ジョージ・ルーカス率いるインダストリアル・ライト&マジックのデジタルクリエイティブの力を借りて、9桁の予算、そしてABBAを加えたらどうなるか?その結果は、完全に成功したようです。

ロンドン東部で大々的にデビューしたABBA Voyageは(そのポップアップスペースは、今後何年にもわたって世界中に出現することは間違いない)、私たちがこれまで取り上げてきたショーとは一線を画している。デジタルインスタレーションでもなく、ホログラム技術(マイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストン、トゥパックなどの故人スターに使用され、程度の差こそあれ成功した)でもなく、没入型シアター体験でもない、この90分間の作品はその中間的なものである。

象徴的な4人組の肉体を基本的にデジタル化し、観客は昨年モーションキャプチャーでセミキャプチャーされたABBAのフルコンサートを鑑賞することができます。

WhatsOnStage(当サイトの兄弟サイト)のレビュアーは、この作品にかなり驚嘆していた。印象に残りにくいことで知られる彼は、この作品を「卓越した技術の偉業であり、そのごまかしは効果的で、同様の作品に道を開くことは間違いない」と評し、必然的に洒落た5ツ星をつけた。

この作品は、「バンド」が衣装替えをすることで、非現実的な臨場感を味わうことができます。また、ファッションアイコンとしてのABBAがいかに象徴的であったかを思い起こさせることができる。

ただ「テイク・ア・チャンス」「マネー、マネー、マネー」「スーパー・トゥルーパー」などの人気曲がセットリストになかったのにがっかりする人がいるかもしれないのは残念である。

https://www.theatermania.com/london-theater/reviews/review-abba-voyage-is-a-feat-of-technological-exce_93853.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。