ABBA「Voyage」ショーを「2026年まで」の日程で延長でニューヴァージョン登場か?

このコンサートでは、全盛期当時のデジタルABBAtarsが登場し、バンドのベストヒット20曲を生バンドとともに披露します。
すでに2023年までの日程が発表されていますが、コラムによると、このたび開催が決定しました。

「ABBAに忠実なファンがいることは誰もが知っているが、このショーは常にちょっとしたギャンブルだった」と関係者は言う。
「同様のホログラム・スタイルのコンサートが賛否両論だったように、ABBAターがどう受け止められるか、誰も本当のところはわからないのです」

「最大の夢は、ロンドンに留まり、どこか別の場所にもう一つ作ることです」と関係者は語ります。

また関係者によると以下のような話題も出ているということです。

「ロンドン以外にどこがいいかというと、あまり知られていないような場所に行きたいんだ。ビッグバンドがいつも訪れないような場所に持っていけたらいいなと思います」
「夢は、南米のどこか、東南アジアのどこか、北米のどこか。南米、東南アジア、北米の3カ国でやるのが夢。でも、それが計画で、すでに取り組んでいるんだ」。

「ABBA Voyage」は現在、世界的なチャートヒット曲やファンのお気に入り曲を含む20曲を収録しており、グループはサウンドステージで、彼らの動きを再現するモーションキャプチャースーツを着て演奏しました。
Ludvigはセッションを振り返り、追加のパフォーマンスも撮影されたことを明かし、セットリストは時間の経過とともに変更され、適応されることを意味します。

つまり、時間が経てばセットリストを変更することができるのです。

「だから、もっとたくさんの曲があるんだ」

「もし、この公演が続いて、お客さんが観に来たいと言ってくれたら、曲を変えたり、ショーを新しくしたりするつもりです」。

https://retropopmagazine.com/abba-to-extend-voyage-show-with-dates-through-to-2026/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。