『マンマ・ミーア ヒア・ウィー・ゴー』BEST10SONGランキング!!

『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』は、カリスマ的なキャストとABBAの全ディスコグラフィーを駆使して、オリジナル映画としてのエネルギーとハートを思う存分発揮しています。

愛されている映画の続編でよくあるのは、2回目は1回目ほど素晴らしくないのではないかということです。『マンマ・ミーア!!ヒア・ウィー・ゴー』の場合、原作であるABBAの金庫には、素晴らしいミュージカルナンバーになるような楽しい曲がたくさん詰まっていたのが幸いしました。映画制作者の頭の中では、前作よりも野心的に、かつ大げさな演出して、栄光のシークエンスという点では大は小を兼ねるという考えがあったようですが……。

本作のサウンドトラックには、新しいナンバーのほか、前作に登場したいくつかの曲の別バージョンが収録されており、続編で新たな光と命を与えています。メリル・ストリープやアマンダ・セイフライドの出番が少ない中、若き日のドナを演じたリリー・ジェームズは素晴らしい歌唱力と情熱を発揮しています。

10位:ダンシング・クイーン
第1作目のこの曲は、ソフィ(セイフライド)が自分の将来に自信が持てないと告白し、迷った末に歌われます。激励を受けて海を見ると、そこにはハリー(コリン・ファース)とビル(ステラン・スカルスガルド)、そして島に向かう複数のボートが「ダンシング・クイーン」を歌っている姿がありました。
原作と同様に、この歌は登場人物たちの気分を高揚させる役割を果たしています。ソフィが一緒に歌っているので、最終的にはその目的は達成されています。また、『マンマ・ミーア!』に登場するさまざまなキャラクターが大集合して歌を披露するというスケール感も、オリジナルに匹敵するものがあります。目新しさはありませんが、やはり楽しいですね。

9位:ノウイング・ミー、ノウイング・ユー
壮大な別れの歌である楽曲と歌詞は、若きドナ(ジェームズ)が若きサム(ジェレミー・アーヴァイン)に婚約者のことを突きつけた後に歌われます。このシーンは、強い感情とたくさんの涙で始まります。そして、サムが島を離れるところで終わります。短いシーンですが、そのドラマ性が印象に残りました。
アーヴァインの声は決して強くはありませんが、それでも彼は歌を通して悲しみを伝えることができます。ジェームズの力強い歌声とは対照的な存在となっています。

8位:エンジェルアイズ
ロージー(ジュリー・ウォルターズ)とターニャ(クリスティン・バランスキー)は、男性への憎しみ、特にロージーのビルへの憎しみを歌っています。
この曲の一番の見どころは、ビルとの出会いについてソフィに話そうとするロージーをターニャが遮る冒頭部分だ。この曲のアレンジは、ロージーとターニャの強い絆を、お互いの文章を仕上げることで表現しています。前作同様、女性のより強固なパワーの言葉を添加逸しています。

7位:スーパー・トゥルーパー
映画の最後の曲は、エンディング・クレジットの間に行なわれ、キャスト全員がステージに集まって大規模なミュージカル・ナンバーを披露します。特に、ドナ、ロージー、ターニャを演じる2組のトリオが、人生の2つのステージで一堂に会するのが特徴です。
関係者の表情を見ていると、このシーンの撮影が楽しかったことが伝わってきます。その楽しさは、スクリーンから観客にも伝わってきます。象徴的なディスコ・コスチューム、アンサンブルの振り付け、そして楽しい照明と紙吹雪で締めくくられたこのミュージカル・ナンバーは、まさに大きなパーティーです。

6位:マンマ・ミーア
若きロージー(アレクサ・デイヴィス)と若きターニャ(ジェシカ・キーナン・ウィン)が島に到着した後、若きドナは二人を地元のバーに連れて行き、そこでパフォーマンスをすることになった。しかし、ドナはまだサムとの別れを悲しんでおり、彼らの明るい曲を披露する気分ではない。
曲はソフトで低い音で始まりますが、ドナは気分が良くなってきて、友達と一緒にステージに上がります。そこからは、3人の友情とお互いの息の合ったところを見せる、素晴らしい仮設パフォーマンスとなります。

5位:悲しきフェルナンド
メリル・ストリープの出演シーンの少なさを補っているのは、ソフィの祖母ルビー役にシェールだと言っても過言ではないでしょう。シェールは、その歌姫のような性格と圧倒的な存在感で、この役を印象深いものにしています。
このとてつもなくロマンチックな歌は、ルビーが、ソフィに雇われてホテルの手伝いをすることになった失恋相手のフェルナンド(アンディ・ガルシア)を目にしたときに歌われます。シェールとガルシアは若い頃のようには動きませんが、二人のゆっくりとした動きには優しさがあり、このシーンに深い愛の感覚をもたらしています。

4位:ワン・オブ・アス
ソフィとスカイのデュエットは、1作目のビーチでの「レイ・オール・ユア・ラヴ・オン・ミー」の軽快な演奏から180度変わっています。「ワン・オブ・アス」は、孤独と距離についての感情的な歌です。かつての熱いカップルは、スカイがニューヨークで仕事をしているため、今では海を隔てており、そのことが2人の関係に明らかなダメージを与えているのです。
セイフライドの甘く柔らかい声と大きな目が、この曲を特に悲痛なものにしています。ドミニク・クーパーは、彼女の才能に見事に応えています。

3.ホワイ・ディド・イット・ハヴ・トゥ・ビー・ミー
フェリーに乗り遅れた若きドナは、ヨットのハンサムなオーナーである若きビル(ジョシュ・ディラン)と出会い、彼女を島に連れて行くことに同意します。ビルはすぐにドナに魅力を感じ、お互いの意思を文字通りのダンスで表現します。
この曲は、ジェームズとディランのコミカルな演技とテンポの良さに支えられた、非常にノリの良い曲です。2人の俳優の相性の良さも、このシーンをより魅力的で楽しいものにしています。

2位:ホェン・アイ・キィスト・ザ・ティーチャー
若き日のドナとダイナモスの最初のパフォーマンスは、その芝居がかった遊び心で本作を盛り上げます。ドナの卒業スピーチの代わりに演奏されます。この曲は、ドナの卒業スピーチの代わりに演奏されるもので、教授陣や卒業生へのサプライズとして、ドナはローブを脱ぎ捨ててディスコ・コスチュームに身を包み、友人たちもステージに上がって歌うのです。
この曲のエネルギーは周りの人に伝わり、ドナはその場にいるすべての人物を説得して一緒に歌うことができます。音楽は楽しいし、ダンスも素晴らしい。みんなが最高の卒業式を迎えているかのようなナンバーです。

1位:恋のウォータールー
『マンマ・ミーア!』では、「ウォータールー」がエンドクレジットのパフォーマンスとして映画の最後に押し出されていたため、観客は奪われてしまいました。幸いなことに、続編ではこの曲の楽しい歌詞とアップビートなテンポを利用して、重要なシーンを与えています。
この曲の舞台は、若いドナと若いハリー(ヒュー・スキナー)のデート中のカフェで、ハリーがドナに恋をしていると公言している場面です。一見、杓子定規なハリーが全力で取り組む、非常にアバウトな場面ですね。

Mamma Mia Here We Go Again: The 10 Best Songs, Ranked (screenrant.com)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です