『ABBA Voyage』の発売で40年以上ぶりに再結成されたABBA

ABBAは木曜日の夜、ロンドンで行なわれたABBA Voyageの立ち上げで40年以上ぶりにステージ上で再会した。

アグネタ(72歳)、ベニー(75歳)、ビヨルン(77歳)、フリーダ(76歳)による象徴的なポップグループはABBA Arenaで待望のデジタルコンサートの幕を開け、フィナーレでは4人のメンバー全員がステージに現れ、1980年に最後のワールドツアーを終了してから初めて一礼をしました。

1974年に「恋のウォータールー」でユーロビジョン・ソング・コンテストでスウェーデン代表として優勝し、世界的に有名になったABBAは、その後、世界中で4億枚のレコードを売り上げましたが、このコンサートのためにデジタルホログラムとして再現されました。

このCGIバンドは、3万個以上の照明と6500万画素の最新スクリーンによって、観客を彼らのバックカタログをめぐる衝撃的な旅に誘います。

全盛期を結婚と離婚で揺るがしたABBAが、2021年にチャート上位のアルバム『Voyage』で再結成し、新曲「I Still Have Faith In You」と「Don’t Shut Me Down」が実物そっくりなABBAターによって演奏され、「ダンシング・クイーン」「マンマ・ミーア」「ザ・ウィナー」などの定番曲とともに特設のアリーナを揺らして観客は喝采、ショーの最後には「サンキュー・フォー・ザ・ミュージック」で締めくくったのでした。

この革新的なコンサートは、VFX企業のIndustrial Light and Magic社によって制作され、ABBAtarsの制作には1000万時間以上を要しました。

コンサートに向けて、メンバーは5週間かけて特別に作られたスーツを着て、ステージ用のデジタルホログラムを作り、ショーでは、メンバーが多くの現代デザイナーのデジタルコスチュームを身に着けて登場します。

アグネタとフリーダは初日を迎え、若い頃の自分たちがステージで再現されていることに驚きを隠せない様子でした。

アグネタは次のように語っています。「一度にすべてを見ることができるなんて、信じられないような経験です。また、技術的な妙技に改めて魅了されました。身が引き締まる思いです」。

フリーダは、「本当の私ではないのに、私であることを完全に把握するのは難しいです。ジェスチャー、表情、様々な感情を表現する目など、デジタルフィギュアの中に確かに自分を見ることができるのです。本当に超現実的なんだ」。

ABBAは、スウェーデン王室のカール16世グスタフ国王とシルビア王妃、ミリーン・クラス、ソフィー・エリス・ベクスター、カイリー・ミノーグ、キーラ・ナイトレイ、ケイト・モス、パルプのボーカル、ジャーヴィス・コッカーなどのVIPを招いて、プロデューサーたちとステージで共演した。また、友人や家族、幸運なファンやメディアも出席していました。

https://www.corydontimes.com/lifestyles/entertainment/abba-reunite-for-the-first-time-in-over-40-years-at-launch-of-abba-voyage/article_0309c125-54f6-5f47-b98c-1575cdf95f0b.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。