キャッシュレスに挑戦するなど、ABBAから学ぶビジネスの教訓!!

スウェーデンに取材に行ったとき、ジュース1本買うのも「カード」。飴1つ買うのも「カード」。トレインやバスに乗るのも「カード」。

見事なまでに「カード」「カード」のオンパレードだった。

日本でもスウェーデンを見習って「キャッシュレス」を導入しようと試んでいるが、なかなか進まない。

特に「飲食店」からの反対が強い。

なぜならば「脱税」できなくなるからだ。

「カード」を使えば「カード会社」に証拠が残るが、現金の場合、よく見ると光景だが、レジを打たないでそのままお金を客からもらうケースが多いことか!これができなくなる。

ビヨルンはある「事件」をきっかけに「キャッシュレス化」の第一人者になったのを知らない人が多い。

今回はABBAカムバックとスウェーデン文化の一つ「キャッシュレス」に触れてみましょう!

11月、ABBAは1981年以来のアルバムをリリースします。
そうです、ABBAがカムバックするのです!

70年代の音楽、文化、若者を象徴するスウェーデンのポップバンドが、11月に1981年以来のアルバムをリリースします。

ABBAは、骨太なソングライティングや陰鬱な思索などではなかった。完全にポップでした。しかし、純粋主義者は『マンマ・ミーア!ヒア・アイ・ゴー』のような曲でバーボンを飲みながら涙を流したかもしれないが、ABBAのキャッチーな曲は世界中の人々の心を打ったのである。全世界で約1億5千万枚のレコードを売り上げました。

「私たちは、出版、レコードの印税、制作費などを100%管理しています。出版権、レコード使用料、制作費など、すべてを家族で分担しているので、コストは自分たちで負担し、その後はすべて利益になる」と、故スティッグ・アンダーソン(初代ABBAのマネージャー)は『High Fidelity』誌に語っている。「音楽とお金を一緒にしたくはないが、成功には必ずお金がついてくるし、誰かがそれを面倒見なければならない」。

アンダーソンがミュージシャンであったことは救いだった。作詞は彼の得意分野だった。ABBAの最初のヒット曲「恋のウォータールー」を書いたのも彼である。彼のキャリアの初期には、アメリカで人々が熱狂している曲の権利を買い、スウェーデン語の歌詞をつけて自分の市場に合わせていた。

成功のための4つのルールがあることが『The Sun』紙の記事に引用されている。 一生懸命働くこと、ベストを尽くすこと、忘れ物をしないこと、人生を深刻にとらえすぎないこと。1番と4番のルールが矛盾していると言われるかもしれません。しかし、それがABBAには有効だったのです。

ABBAが大ヒットすると、そのレコードや演奏を求める声が世界中から寄せられた。しかし、スウェーデンではすべての通貨が通用するわけではない。中にはアメリカドルでの支払いにこだわった者もいた。しかしアメリカドルは使えないのだ。その為、別の財産で支払うことにした。一例としては、旧ソ連が買い手となった石油が挙げられる。

「彼ら(ABBA)の音楽に対する需要が高かったため、彼らの経営陣はソ連からのロイヤルティを禁輸措置のルーブルではなく、石油商品権で支払うように手配しなければならなかった」とBBCはかつて書いてあった。

これは、MBAの教科書にも載っていますね。

ABBAの経済効果は他にもあり、スウェーデンを世界で最もキャッシュレスな国の一つにすることに貢献した。1661年にヨーロッパで初めて紙幣を導入したこの国にとって、これは驚くべき変化です。

ビヨルンは、息子のクリスチャンの家に強盗が入ったことをきっかけに、キャッシュレス社会の実現に向けて声を上げました。強盗が盗んだのはカメラとデザイナーズ・ジャケットで、現金ではありませんでした。しかし、ビヨルンによると、闇市場で売って現金にするという選択肢がなければ、泥棒は何かを盗もうとは思わないだろうとのことです。

ビヨルンは『Wired』誌に対し、「私は、彼らがこれらの物を持ってどこかに行き、紙幣を手に入れたのではないかと考え始めました」と語っている。「もし、紙幣がなかったら?」

ビヨルンは2011年に紙幣の使用をやめました。『Wired』誌では、「現金をなくすことで得られる莫大な利益を上回る、現金を維持する理由を誰かが考え出すことに挑戦します」と述べています。「麻薬取引から自転車の盗難まで、犯罪によって世界中が苦しんでいることを想像してみてください。現金を必要とする犯罪を」。

『Emirates 24/7』のレポートによると、紙幣と硬貨がスウェーデンの経済に占める割合は、ユーロ圏では平均9%、米国では7%であるのに対し、スウェーデンではわずか3%に過ぎません。これは、世界の中央銀行を統括する組織である国際決済銀行のデータです。

実際、『Wired』誌には、スウェーデンで起きた銀行強盗の記事が掲載されている。帰り際、彼は窓口の係員に「他にどこに行けばいいんだ?」と嘆いたそうです。

この話を聞いたビヨルンは、きっと笑顔になったに違いない。ウェルカムバック、ABBA。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。