ベニーがフー・ファイターズの「Learn To Fly」を演奏しているところをご覧ください

昨年、スウェーデンのカルテット(ABBA)のカムバックシングルを聴いて「赤ん坊のように泣いた」と語ったデイヴ・グロールは、ABBAへの愛を公言している。だから、6月26日に行なわれた友人ポール・マッカートニーのグラストンベリー・フェスティバルのヘッドライン公演に彼がゲスト出演したことは驚きだったが、彼がABBAのパーカーを着て舞台に立ったことはそれほどのことではない。

今、ABBAのベニーは、感動的なお返しとして、フー・ファイターズのスタンダード曲Learn To Flyをピアノで演奏している映像を投稿し、シャツのボタンを外すと、ジャーン!フー・ファイターズのパーカーを着ていることが明らかになりました。なんと、 シャツのボタンを外すと、なんと下にフー・ファイターズのTシャツを着ているではありませんか。

君たち!

有名な話だが、Grohlの元NirvanaのバンドメイトKurt CobainもAbbaの大ファンであった。

1992年、ニルヴァーナがレディング・フェスティバルのヘッドライナーを務め、そのサポートバンドを選ぶ権限を与えられたとき、ワシントン州アバディーンのトリオはメインステージのオープニングにABBAのトリビュート・アクト、ビヨルン(ビヨーン)・アゲインを選びました。

「彼らはショーを盗み、その日最高の反応を得た」と後にGrohlは述べている。「みんなが熱狂したんだ」と後に語っている。

グローエルがグラストンベリーに出演し、ウィングスの「バンド・オン・ザ・ラン」とザ・ビートルズの「アイ・ソウ・ハー・スタンディング・ゼア」を演奏したのは、3月にフー・ファイターズのドラマー、テイラー・ホーキンスが亡くなってから初めての公の場での演奏となった。

マッカートニーの38曲のセットには、ブルース・スプリングスティーンも加わり、マッカートニー自身の曲「Glory Days」と、ビートルズの「I Wanna Be Your Man」を演奏しました。セットの最後には、スプリングスティーンとグロールの両者がステージに戻り、最後の曲「The End」を演奏しました。

https://www.loudersound.com/news/watch-benny-from-abba-play-foo-fighters-learn-to-fly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。