ミュージカル『ピッピのサーカス』(Pippi at Cirkus)は書き下ろしのミュージカル!

2022年の夏、いよいよ『ピッピのサーカス』(Pippi at Cirkus)の世界初演の時がやってきました。

スウェーデンで最も誇り高く、最も勇敢で、最も強い存在であるピッピ・ロングストッキングを取り上げます。そこに、おそらく世界で最も壮大なサーカス団であるCirkus Cirkörが加わり、さらにビヨルンとベニーなどが新たに書き下ろした音楽が加わります。その結果、アストリッド・リンドグレーンの古典的なキャラクターと同様に古典的な物語が、壮大な形でリメイクされることになりました。 5歳から105歳までのすべての人を対象としたこのショーで、まったく新しい方法でピッピを見てみませんか?
このショーは、幅広い年齢層のお客様を対象としており、ご家族全員で楽しんでいただける内容となっています。控えめに言っても、目まぐるしいアンサンブルと空飛ぶオーケストラで重力の法則に逆らう、セーフティネットのないミュージカルの旋風へようこそ。さあ、行きましょう。

『長くつ下のピッピ』(ながくつしたのピッピ、原題:Pippi Långstrump)は、アストリッド・リンドグレーンによるスウェーデンの子ども向け小説である。1945年にラベン&シェーグレン社からイングリッド・ヴァン・ニイマンによるイラスト付きで出版された。40以上の言語に翻訳されている。

続編として、「ピッピ 船に乗る」、「ピッピ 南の島へ」の2つの小説と、その他に、数冊の絵本と短編集(日本語へは未翻訳)がある。

最初の日本語訳版は1964年に大塚勇三・訳、桜井誠・絵で岩波書店によって出版された。

2002年、ノルウェー・ノーベル研究所(英語版)は、54か国の100人の作家の投票に基づいて、「世界文学名作百選」の1つにこの小説を選んだ。

3つの長編が1945年から1948年に出版され、後年3つの短編が出版された。加えて、小説からの抜粋がイラストを付けられて、絵本として出版された。

★長くつ下のピッピ
ピッピがセッテルグレーン一家の住む街にある自宅「ごたごた荘」(実写版では「つぎはぎ荘」)に、ペットのチンパンジー「ニルソンさん」、飼っている馬と共に帰って来る。トミーやアニカと出会う。船を自宅に海育ち、その怪力ぶりとホラ吹きが得意な天衣無縫の自然児である故、いわゆる「お行儀のいい子」でないピッピに振り回される周囲。しかしサーカスを見に行って狼藉者を懲らしめたり、火事の高層アパートから逃げ遅れた子を助け出したりなどの活躍を見せ、根はいい子である事が周囲に理解されるようになる。
★ピッピ 船に乗る
『長くつ下のピッピ』から数々のエピソードが続く。ある日、指揮していたスクーナー船『ホッペトッサ号』から嵐のため落水、消息不明になっていた父・エフライム船長が五体満足の姿で現れる。ある南方の島に流れ着き、島民の族長を務めていたが、帰国の為にヨットで出航したところ、偶然にホッペトッサ号と出逢って帰って来られたのだという。ピッピとの別れを予感し悲しみに胸が塞ぐトミーとアニカ。しかし船が出ようとしたその時、「自分の為に悲しむ人がいるのは耐えられない」とピッピは父との同行を撤回し町に残る事を表明。何もかもがいつも通りになる。
★ピッピ 南の島へ
冬、はしかを患い2週間寝込んで衰弱したトミーとアニカ。ピッピは2人の転地療養をセッテルグレーン夫妻に申し出、認められる。行き先はエフライム船長が族長を務める南の島。寄航した船長の船に乗り、一か月の予定で大旅行。クリスマスを過ぎた1月始めに帰国する。
https://pippicirkus.se/biljetter/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。