70代になったABBAのメンバーをご覧ください。

50年経った今でも、ABBAは活動を続けている。1972年に結成され、1974年のユーロビジョン・ソング・コンテストで優勝したことでそのキャリアは本格的にスタートしました。ABBAは「ダンシング・クイーン」「マンマ・ミーア」「S.O.S.」「恋のウォータールー」など、数多くの大ヒット曲で知られています。

*この記事の原文はたくさんの間違った情報が記載されていましたので、極力、元の形を崩さない形で、修正、訂正、加筆しております。ご承知おきください。

しかし、今でこそバンドとして一緒に活動していますが、ABBAが活動しないまま何年も経過してしまいました。1983年に活動停止し、再び共演するまでにかなりの時間を要しました。さらに、結成当初は2組のカップルで構成されていましたが、ABBAの活動停止と前後して2組とも別れています。現在70代になった各メンバーの現在を読み解きましょう。

◆もともと本国でその名を轟かせたグループ。

ABBAは1972年に始まります。ラインナップは常にビヨルン、アグネタ、ベニー、フリーダの4人で構成されてきました。彼らは当初、ビヨルン&ベニー、アグネタ&アンニ=フリード(フリーダ) として結成されました。彼らは、特に母国スウェーデンでは大きなを収めていましたが、ユーロビジョン・ソング・コンテストで「恋のウォータールー」を演奏し、優勝したことで国際的な名声を得ることになりました。
1970年代を通じて大成功を収めたましが、グループ内に変化が生じます。ビヨルンとアグネタは1979年に離婚。そして1981年、ベニーとフリーダも離婚を発表しました。その後、ビヨルンとベニーはグループ以外の作曲に力を入れ、フリーダとアグネタはソロのキャリアを追求するようになりました。

◆彼らは2018年に再結成。

ABBAは2018年にカムバック宣言し、ビヨルンとベニーが出会って曲作りの共同作業者になってから50年を祝うストックホルムのガラで「ザ・ウェイ・オールド・フレンズ・ドゥ―」を演奏しました。2021年、ABBAは1981年以来のアルバム『Voyage』をリリース。彼らは現在、ロンドンでショー『ABBA Voyage』を開催しています。

◆ビヨルンはベニーとのコラボレーションを続けている。

77歳のビヨルンは、ABBAの活動停止後もベニーと仕事を続けてきました。彼らは一緒にミュージカルを書き、ミュージカル『マンマ・ミーア!』や映画化に貢献し、バンド『Gemini』のために作曲しました。ビヨルンは国際作曲家協会連盟の会長であり、ホテルやABBA博物館を含むPophouse Entertainmentを共同設立しています。

ビヨルンとアグネタは結婚中に2人の子供をもうけました。1981年、ビヨルンはレナ・カレルスヨと再婚。二人は二人の子供をもうけ、2022年に別れるまで一緒に暮らしました。そうです、ビヨルンははお爺ちゃんなのです!

◆アグネタはソロ活動で成功を収めた。

現在72歳のアグネタは、ABBAの後にソロ活動に戻り、スウェーデン語と英語の両方でいくつかのアルバムをリリースしました。1987年のアルバム『I Stand Alone』を最後に、彼女は数年間、公の場から姿を消しました。その後、2004年にニューアルバム『My Coloring Book』を、2013年には『A』を発表しています。「何年か引きこもっていたのかもしれない。ABBAが終わった後はとても疲れていて、ただ落ち着いて、子どもたちと一緒にいたかったのよ」と彼女は2013年にDaily Mail紙に語っています。「結婚して、ABBAに所属して、子供が生まれて、離婚して、全部10年の間にやったわ。どうやって管理したのか不思議だけど、若かったからね」。

アグネタはのちに再び結婚しましたが、結婚生活は2年ほどしか続きませんでした。デイリー・メール紙のインタビューでは、彼女はまた 孫との時間を楽しんでいると語っています。「孫たちと過ごす時間はとても長いわ。私たちが一緒に歌うと、彼らはとても喜びます。孫たちの歌声を聴くのはとても楽しいし、孫たちは本当に歌がうまいんです。私は彼らにABBAや過去のことをあまり話しませんが、彼らが大きくなるにつれて、もっと意識するようになるでしょう」と彼女は語っています。

◆ベニーは自分のバンドを始めた。

前述のように、75歳のビヨルンとベニーは、ABBA活動停止後も一緒に仕事を続けてきました。ベニーはソロの楽曲も発表し、テレビや映画の音楽も担当し、2001年には自身のバンド『Benny Anderssons Orkester(BAO)』を結成しました。現在も活動を続けており、2019年には最新作をリリースしています。

ベニーとバンドメンバーのフリーダは1978年から1981年にかけて結婚しましたが、結ばれる前に何年もかなりの長い期間共に生活していました。ベニーには3人の子供がおり、フリーダ以前の交際相手との間に2人、2番目の妻であるモナ・ノークリットとの間に1人、現在も結婚しています。

◆フリーダは伯爵夫人である。

現在76歳のフリーダは、ABBAの前、途中、後にソロアルバムをリリースしています。最新作は1996年のスウェーデンのアルバム『Djupa andetag(深い呼吸)』。しかし、彼女はそれ以来、何十年にもわたって歌い続けています。彼女の最新録音は2018年のアルバム『Ultimate Duets』でアルトゥーロ・サンドヴァルとABBAの「アンダンテ、アンダンテ」をデュエットしたものです。また、フリーダはかねてより『慈善活動』に専念し、控えめな生活を送っています。

フリーダは3度の結婚を経験しています。ラグナール・フレドリクソンとの最初の結婚では、2人の子供を授かりました。その後、ベニーと結婚しました。1992年、プラウエン伯爵ハインリッヒ・ルッツォ・ロイス公爵と結婚し、ロイス公爵夫人となりました。1999年、ハインリッヒ・ルッツォの死後、プラウエン伯爵夫人として知られるよう。2007年からは、第5代ハンブルデン子爵ヘンリー・スミスと交際中です。

https://bestlifeonline.com/abba-members-now-news/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。