ABBA、グラミー賞ノミネート「アルバムとアルバムの間に40年空けた人には義務付けるべきだ」

先月末に2022年のグラミー賞のノミネートが発表されたとき、ABBAの約40年ぶりの曲「I Still Have Faith in You」がレコード・オブ・ザ・イヤーにノミネートされていたことに驚いた人が多かったようです。

しかし、そんなことはありません。ABBAは、世界の歴史上、最も人気があり、影響力があり、成功したグループのひとつです。1970年代から80年代初頭の全盛期には、キッチュなポップスとして敬遠されがちでしたが、彼らのイメージや時にはおちゃらけた歌詞が、忘れがたい洗練された複雑な曲作りやアレンジを覆い隠していました。しかし、1983年に活動休止を発表してからの数年間で、彼らの評判と尊敬は飛躍的に高まりました。彼らの音楽が深く根付いていることが証明され、世界がその洗練性に追いついたからです。特に、1994年の映画『ミュリエルの結婚』やABBAをテーマにしたミュージカルと映画『マンマ・ミーア!』など、映画やテレビでの戦略的な起用がその理由です。

しかし、ABBAの活動休止期間があまりにも長かったため、ジャーナリストたちは再結成について懐疑的な回答をすることに飽きてしまい、ほとんど聞かなくなってしまった。そのため、2018年にグループの共同創設者であるビヨルンとベニーが、歌手(そして元妻)のアグネrタとフリーダと再会し、2曲の新曲をレコーディングし、ある種の仮想コンサート体験を準備していることを確認したときには、さらに驚きを隠せませんでした。この計画は、コンサートの複雑さとパンデミックのために延期されましたが、昨年の夏、全世界に向けたテレビ放送で詳細が発表され、事業全体が息を吹き返しました。2曲の新曲に続き、11月にはフルアルバム『Voyage』をリリースします。11月には新曲2曲とフルアルバム『Voyage』、5月にはロンドンに特設されたアリーナでの画期的なバーチャルコンサートを開催することが発表されました。

史上初のグラミー賞にノミネートされたABBAが、久しぶりに大々的に復活したのです。ABBAは今回のノミネートについて黙っていましたが、今週初めにVarietyから質問を受けた際に、1981年のアルバム『The Visitors』と今年の『Voyage』の間に40年の空白があることを自嘲して、短い声明を出しました。

「グラミー賞は、アルバムリリースの間にあえて40年の間隔を空けている人たちに必須であるべきです」と彼らは書いています。

「私たちは新しいカテゴリーを提案します」も書いてあります。”ABBA / Agnetha, Björn, Benny, Anni-Frid”

https://variety.com/2021/music/news/abba-comment-grammy-nomination-1235130227/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。