ABBA、Adele、Ed Sheeranが第4四半期のCD売上を押し上げる

Official Charts Companyのデータを独自に分析した結果、第4四半期のCDの売上高は前年同期比で約15%増加しました。Music Weekの調査では、2020年と2021年のチャート第40週(10月8日)からチャート第48週(12月3日)までのフォーマットの総売上を比較しています。

CDのパフォーマンスが好転したのは、当四半期にリリースされた素晴らしいスケジュールの一部として、Adele、ABBA、Ed Sheeranの3組のアーティストが貢献したためです。もちろん、昨年のように店舗が完全に営業しており、Covid制限を受けていないことも奏功しています。

HMV & FoppのMDであるPhill Halliday氏は、「今年の第4四半期のラインナップは、最近の記憶の中で最も強力なものとなっています」「Adele、Ed Sheeran、Little Mix、Taylor Swift、Coldplay、ABBAといったアーティストが、それぞれのファンが熱狂するようなレコードを発表しており、誰もが満足するような大規模な新譜があります。昨年のクリスマスに比べて、客足も売上も大幅に向上することを期待しています」と述べています。

CDは、2022年に発売40周年を迎えることから、復活の兆しを見せています。ABBAカムバックアルバム『Voyage』が今年のベストセラーの一つとなっているABBAは、1981年に『The Visitors』をリリースし、CDを導入した最初のアーティストの一つでした。また、デジタルで録音・ミックスされた最初のレコードの一つでもあります。

Q4の前半には、サム・フェンダー、コールドプレイ、エルトン・ジョンのNo.1アルバムなど、いくつかのビッグアルバムがインパクトを与えました。一方、ビートルズ、スペシャルズ、ラナ・デル・レイ、デュラン・デュランなどの作品は、他の時期であれば十分に1位を獲得できるような初週の数字を記録しました。

ミュージック・ウィークの調査によると、第4四半期の最初の4週間(チャートの第40週から第43週)、CDの売上は前年同期比で5.2%の減少を記録しました。

しかし、第44週以降の5つのチャート週では、いずれもCDの数量が前年同期比で増加しています。その結果、第44週から第48週までの5週間のCD売上は、前年同期比25.6%増となりました。

第4四半期のスナップショットでは、これまでの9つのチャート週(第40-48週)におけるCD売上は、14.7%増の2,940,466枚となりました。

最初に大きな変化をもたらしたのはEd Sheeranの「=」で、139,107枚(うちコンパクトディスクは78,263枚)を売り上げて1位を獲得しました。

その後、45週目に発売されたABBAの『Voyage』がCDセールスを牽引しました。スウェーデンのスターがカムバックしたこの作品は、203,909枚という驚異的な売上を記録し、この週のフィジカル・アルバムの市場シェアは27.6%に達しました。

『Voyage』は、レコードの週間売上枚数で21世紀の記録を更新しましたが(29,891枚)、CDの複数のエディションの売上枚数は約5倍の148,471枚でした。『Voyage』の発売により、同週のCD全体の売上は前年同期比29.9%増の39万5,360枚となりました。また、トップ5アルバムのCD売上合計は18万8,006枚で、2020年のトップ5の45週目のCD売上枚数を277.2%上回りました。重要なのは、エド・シーランとABBAがその後も大量の物理的ユニットをシフトさせたことです。

第46週には、テイラー・スウィフトの『Red (Taylor’s Version)』が初登場で首位を獲得し、CDで45,338枚を売り上げました。この週の他のトップ5アルバムも、それぞれ大きなCDセールスを記録しました。ABBAの『Voyage』(37,147枚)、Ed Sheeranの『=』(17,913枚)、Little Mixの『Between Us』(15,699枚)、Rod Stewartの『The Tears Of Hercules』(18,009枚)です。

2021年のチャート第47週は、フィジカルのアルバム市場でのシェアが32.8%に急上昇し、CDにとっては大きな意味を持つ週となりました。アデルの『30』が261,856枚の大量消費で幕を開けた。今回もレコード盤が16,700枚と素晴らしい数字を記録しましたが、CDは7日間で158,772枚のコンパクトディスクが販売され、アデルの待望のリリースにおいて圧倒的に大きなフォーマットとなりました。

その結果、同週のCD市場全体の売上高は520,380枚となり、前年同期比41.3%増となりました。

トップ5の他の作品も、このフォーマットでは好調な結果となりました。シーランの「=」は19,105枚、ABBAは26,470枚、オアシスはKnebworthライブアルバムのコンパクトディスク版を8,196枚、アリソン・クラウスとロバート・プラントのコラボレーション作品「Raise The Roof」は17,536枚の売上を記録しました。

47週目のトップ5のCD売上は230,079枚で、2020年のトップ5アルバムの売上を158.7%上回りました。

最新の分析では、先週、アデルがこのフォーマットの第4四半期の勢いに大きな影響を与えました。チャート48週目、彼女の「30」アルバムは、CD7万1,318枚を含む10万2,261枚の売上を記録しました。コンパクトディスクの週間市場規模は500,005枚で、『30』が発売された前週と比べてそれほど減少しておらず、アルバムに占めるフィジカルミュージックの市場シェアは34.1%と実際に高くなっています。

先週50万枚のCDが販売された中には、アデルの他に、エド・シーラン(24,556枚)とABBA(24,758枚)の新譜がほぼ合わせて5万枚、ウェストライフの「Wild Dreams」が33,206枚、ゲイリー・バーロウの「The Dream Of Christmas」が15,652枚含まれています。

このような好結果は、特に一部の小売店がCDの在庫を停止するなど、CDの長期的な将来性が注目されている中でのことです。当四半期末までのCDの累計売上枚数は、前年同期比10.8%減の8,878,111枚となりました。第3四半期末までの累計販売枚数は10.8%減の8,878,111枚、3ヵ月間の累計販売枚数は15.5%減と大幅に減少している。

最近の四半期分析について、消費モデルへの移行が進む中で、フォーマットの将来性について経営陣が率直に語りました。

ワーナー・ミュージックのコマーシャル担当SVP、デレク・アレンは、「はっきりとしたことを言うのは難しいですね」「しかし、すべてのメジャーの中で、これ以上のスケジュールを見たことはありません。ひとつ確かなことは、クリスマスを迎えるにあたって、CDの将来性について明確な見通しが立つということです」と述べています。

2021年のCD売上は35.1%減でしたが、その減少が底を打ちつつあることは明らかです。

Sony Music UKのマーケットプランニング&メディア担当副社長であるチャールズ・ウッド氏は、「今年のCDの販売枚数の減少は、例年よりもはるかに少なく、一桁台になると予想しています」「これ以上のラインナップは考えられません」と述べています。

様々な理由でレコードの価格が上昇している中、CDのもう一つの利点は価格です。アデルのオフィシャル・ストアでは、『30』のダブル・ビニール・エディションを30ポンドで販売していますが、CD版はわずか11ポンドです。

「ラフ・トレードのディレクター、ナイジェル・ハウスはミュージック・ウィーク誌にこう語っています。「特に現在のレコードの価格を考えると、CDを見限るのは少し早すぎると思いますよ」。

https://www.musicweek.com/labels/read/abba-adele-and-ed-sheeran-boost-cd-sales-in-q4/084784

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。