ABBAの『CDアルバムボックスセット』

スウェーデンの2組の夫婦が結婚し、後に離婚したポップグループABBAは、不安定なスタートを切りました。初期の楽曲(1972年の「ピープル・ニード・ラヴ(愛、それは一番大切なもの)」)は本国のチャートで17位にとどまり、米国でもトップ100に入ることはなかった。また、ヨーロッパでは1973年の「リング・リング」の方が好調だったが、スウェーデン語の歌詞を使ったこの曲はアメリカでは登録されなかった。

しかし、ビートルズのマネージャー、ブライアン・エプスタインのように、ABBAのマネージャー、スティッグ・アンダーソンもアメリカに目を向けていた。2枚目のアルバムには英語版とスウェーデン語版の「恋のウォータールー」が収録され、1974年には全米6位、イギリスをはじめとする数カ国のチャートで首位に立った。

それから間もなく、ABBAは止められないヒットマシンとなった。彼らはその後、「ハニー、ハニー」「アイ・ドゥ・アイ・ドゥ」「S.O.S」「マンマ・ミーア」「悲しきフェルナンド」「ダンシング・クイーン」「ノウイング・ミー、ノウイング・ユー」「きらめきの序曲」「テイク・ア・チャンス」「チキチータ」「スーパー・トゥルーパー」「ザ・ウィナー」といった大ヒット曲を出し、世界中で1億5000万枚以上という売り上げを記録することになったのだ。実際、この4人組は非常に多くのヒット曲を生み出し、1992年には19曲入りの『ABBA Gold』が発売された。1992年に発売された19曲入りの『Greatest Hits』(3000万枚を売り上げた)には、そのすべてを収録しきれなかった。20曲入りの『More ABBA Hits』は、それに続くいくつかのコンピレーションである。

ファンによっては、このようなパッケージで十分な人もいるだろう。しかし、シングル・バンドとして知られるABBAは、その勝利の方程式を多くのアルバム曲にも適用した。だからこそ、熱心なファンは、2008年の『The Albums』のアップデート版である10枚組CD Album Box Setを検討したいと思うかもしれない。両作品とも、1973年から1981年にかけてABBAがリリースした8枚のロング・プレイヤー、『Ring Ring』『Waterloo』『ABBA』『Arrival』『The Album』『Voulez-Vous』『Super Trouper』『The Visitors』に、LP以外の楽曲を収録したボーナスディスク1枚を加えたものである。この最後のCDは、新しいアンソロジーでは以前のものよりやや短くなっているが、2022年のボックスでは、グループにとって40年ぶりの新作LPとなった昨年のベストセラー『Voyage』を追加することで補っている。

これだけ大規模なコレクションであれば、ライナーノーツやチャート情報を含むシングルのディスコグラフィーも含めるべきだし、グループの2枚のライブアルバムやレア音源をいくつか入れても問題なかっただろう。それでも、ファンを飽きさせることはない。103曲、総再生時間は6時間半近くにもなる。ほぼ全曲が男性メンバーのビヨルンとベニーの共作だが、ABBAと出会う前から多作な作詞家だったマネージャーのアンダーソンも、20曲ほどでクレジットされている。

レゲエ調の 「トロピカル・ラヴランド」やハードロック調の 「ホール・イン・ユア・ソウル」などの駄作もある。しかし、ヒット曲でない曲の多くは、有名な曲と同じように中毒性がある。高騰するメロディー、素晴らしいボーカル、たくさんのフック、シンセサイザーの独創的な使い方など、ABBAの抗しがたいサウンドの壁が次から次へと出てくるのだ。もちろん、これはメインストリームで、しばしばシロップのようなものであり、歌詞は下品なこともあるので、このABBAボックスはギルティプレジャーと呼びたいかもしれない。しかし、罪のない喜びは、これ以上ないほど楽しいものだ。

On The Record: ABBA’s ‘CD Album Box Set,’ plus Brad Absher, David Newbould, Michael Martin Murphey, & Rod Picott

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。