ABBAター:テクノロジーはライブの体験を変えるか?

最後のツアーから40年以上、ABBAはデジタルABBAターとして戻ってきた。先月ロンドンでデビューした『ABBA VOYAGE』は未来のコンサートなのだろうか?

ABBAアリーナのステージに登場するABBAのデジタルABBAター、通称『ABBAター』は、観客を1970年代の全盛期へと誘うように設計されています。

Hannah Mooreは、このショーのプロデューサーであるLudvig AnderssonとSvana Gislaに、バーチャルショーの制作に必要なこと、そしてベニーとビヨルンに髭を剃るように説得することについて話を聞きました。制作費は1億4千万ポンドですが、Gislaはこの番組は決して元を取るためのものではないと言います。「投資家には内緒よ」と彼女は冗談を言います。「今までにないものを作ることが目的だったんです」。

ガーディアン紙のロック・ポップス評論家アレクシス・ペトリディスとガーディアン紙の音楽副編集長ローラ・スナップスは、オープニング・ナイトに出席していた。ペトリディスはバンドの歴史についてムーアに語り、スネイプスは、音楽家が死んだ後でも、デジタル形式でツアーに出ることが増えるかもしれないと懸念を表明しています。

https://www.theguardian.com/news/audio/2022/jun/17/abba-voyage-digital-avatars-technology-concerts-podcast

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。