ABBAメドレーを歌うウエストライフは意外と完成度が高い

Westlifeは、8月6日(土)の夜、待望のウェンブリー・スタジアムでのデビューを果たし、その期待を裏切らないパフォーマンスを披露しました。

アイルランドの4人組のグループは、コロナウイルスの大流行で何度も延期された後、ウェンブリーでの公演を数年間待ち望んでいました。

Westlifeは、驚くほど見事なABBAメドレーを含め、会場に集まった7万人のファンのために素晴らしいショーを披露してくれました。

バンドは「ダンシング・クイーン」「ギミー!ギミー!ギミー!」そして1999年のクリスマスナンバー1シングル「アイ・ハヴ・ア・ドリーム」など、ABBAの名曲をメドレーで歌い上げました。

バンドの20年の歴史の中で、この象徴的な会場で演奏するのは初めてのことでした。

シェーン、ニッキー、キアン、マークは2019年に音楽活動を再開し、カムバック・アルバムがチャートの上位にランクインすることになった。

「”ウェンブリー・スタジアム “のヘッドライナーは、私たち全員にとって夢のような出来事です。これは一生に一度の経験で、信じられないほどだった。今夜のファンはセンセーショナルだった。素晴らしかった。僕らの人生の中で最高のものだった」とバンドは語った。

マークは「今までで一番大きなショーで、魔法にかかったようだった。バンドを始めてから20年後に、このメンバーでウェンブリー・スタジアムのステージに立つことになるとは思ってもみなかったよ。ここまで来られたことを考えると感慨深いものがあります。世界一のファンがいるからこそ、こんなことができたんだ」。

https://www.smoothradio.com/artists/westlife/wembley-abba-medley-video/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。