ABBA Voyage「エレクトリック」で「ソウルフル」な70年代への不思議な旅に貴方をご招待!

昨年、ABBAがカムバック・アルバムを制作したとき、まるで彼らが離れていなかったかのようでした。ミュージカル、ミュージアム、果てしないトリビュートバンド、ミュージカルの映画化、映画の続編と、ABBAの話題は尽きない。

彼らのベストヒット集『アバ・ゴールド』は、1000週間もチャートにランクインしていた。しかし、1つだけ足りないものがあった。40年間、ABBAのコンサートは1度も開かれていなかったのだ。

ベニー、ビヨルン、アグネタ、フリーダは、再結成のために10億ドルの資金を断り、ABBAコンサートを続けて財を成した。そして今、彼らはついに、自分たちのやり方でそれを実現したのです。

3,000人を収容できる真新しいアリーナを建設し、十分に大きく、十分に親密な雰囲気を醸し出しています。1億4千万ポンドと5年の歳月を費やして、このショーを完成させたのだ。これまでに38万枚のチケットを販売し、その一部を回収しています。

そして、ジョージ・ルーカスの特殊効果会社を雇い、きらびやかな照明、完璧な音響、そしてデジタル版の若い自分たち(必然的にアバターと呼ばれる)を作り上げたのです。

初日の夜、会場は熱気に包まれた。

観客は、英国の著名人(ここではジャーヴィス・コッカー、ここではソフィー・エリス・ベクスター)と北欧の中年男性に二分されています。私の後ろの列には、スウェーデン国王のカール16世グスタフが座っていた。

華やかなショーでは、ある1つのことが重要です。アバターがその気になれるかどうか。それとも、2018年にアリーナを震撼させたロイ・オービソンのホログラムのように、あまりにも奇妙で幽霊のような存在になるのだろうか?

答えは、可能な限り良いということです。80パーセントはリアルで、20パーセントはマダム・タッソーです。

髪の毛はセンセーショナルですが、肌は少し蝋のようで、ベニーが一番信じられるということです。

1曲目の終わりで、マントを着て登場したアグネタとフリーダが、マントを脱いで翼の中に放り込むシーンは、とても素敵です。

オービソンの時代から比べると、技術は飛躍的に向上している。

ABBAのメンバー全員がまだ生きていて、この初日のために実際に建物の中にいるのも救いです(フリーダは女王のように杖をついて歩いています)。ABBAターがそれぞれ小さなスピーチをするとき、それは本物の人間が話しているのです。

男性はちょっとしたジョークを飛ばし、女性は心を込めて話す。

ドルチェ&ガッバーナなどによる衣装が素晴らしいのも一役買っています。ABBAらしい、70年代らしい、きらびやかな衣装ですが、それは2020年代から見た70年代であり、本物よりもはるかにエレガントなのです。

バーガンディやフォレストグリーンのベルベットジャンプスーツは、これから爆発的な売れ行きを見せそうです。

そして何より、ABBAターズはアバの曲を10人編成のダイナミックなバンドで演奏してくれるのが救いだ。

スローなスタートから一転、名曲の数々を披露する。「S.O.S」のピンポイント・ポップ、「ノウイング・ミー、ノウイング・ユー」のビタースウィートなドラマ、「ギミー!ギミー!ギミー!」のおいしいディスコ。「I Still Have Faith In You」のメローな暖かさ、「ザ・ウィナー」の美しい悲しみ、そして「ダンシング・クイーン」ではこれらすべてが1つにまとまっているのです。

ABBAターがよく動くというだけではありません。思いがけず、感動を与えてくれるのだ。これらの曲は私たちの骨の中にあるもので、すべて心得ています。

この曲を聴くたびに、私たちは過去と現在に同調しているのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。