ABBA Voyageデジタルコンサートの公式写真とファンの反応をチェックする

ABBAは5月26日、待望のデジタル・コンサート・ツアー『Voyage』を初公開しました。このイベントのオフィシャルフォトを以下でご覧ください。

ロンドンのクイーン・エリザベス・オリンピック・パーク、ストラトフォードのABBAアリーナで行なわれたコンサートは、べベニー、アグネタ、フリーダ、ビヨルンが久々にグループとして公共の場で一緒に見られることになった。

『Voyage』レジデンスのオープニングナイトのレッドカーペットで、フリーダはNMEに、プレミアに参加できて「素晴らしい気分だ」と語った。「またショーを観るのが本当に楽しみなのよ。月曜日の夜に一度観たんだけど、一度観ただけでは理解できない詳細な部分がたくさんあるから、何度も見たくなるのよね」。

多くの参加者は、SNSでこの臨場感あふれるコンサートイベントに反応しました。あるファンは、「皮肉になることを覚悟していた」と書いている。「しかし、ABBA VOYAGEのショーには圧倒された。どうやったのかわからないが、本物のコンサートのように感じた。すごい、すごい。そして、最後にちょっとしたカーテンコールがあった。感動的だった」。

「(悪口は言いたくないけど)ABBAはすごい魅力的だった!」別の参加者は言いました。「象徴的なスーパースターが、そうであるべきように簡単にクラシックに見える!」とも。

俳優のマット・ルーカスは、「念のため言っておくが、ABBAの “Voyage “は地球上で最も素晴らしいショーだ」と述べた。

一方、ビヨルンは、デジタルでディスコ時代の自分たちをステージで観るのは、最初は「ちょっとシュール」だったが、「でも、慣れるよ」と話している。「結局のところ、我々は40年間、ほとんど毎日、当時の写真やビデオで自分たちを見てきたのだから」とビヨルンは付け加えました。

終演後、バンドは公式カーテンコールに登場した。本日未明、このコンサートはバンドからの餞別なのかと問われたビヨルンは、NMEに「これだと思うんだ。そう言うのは悲しいけど、でもまた、いつでも取り戻せるんだろう?だから、答えはイエスかもしれないし、ノーかもしれない」。

ベニーは、このコンサート・シリーズがスウェーデンのバンドの終わりになるのかという質問に対しても同じような反応を示し、冗談を言った。「これが君たちが観るもので、これが得るものだ。それから家に帰って寝るんだ」と。

昨年9月、ABBAの『Voyage』の制作者はNMEに対し、コンサートの制作、バンドの化学反応、そしてどれくらいの期間行なわれる予定なのかについて語った。

プロデューサーのSvana Gislaはこう語っている。

「でも、たくさんの隠されたサプライズや、うまくいけばちょっとしたステージでの冗談や、パンデミックやブレグジットの最中に誰かが素晴らしいアイデアで作ったこのアリーナで参加する100分間の純粋なABBAの幸福感があるはずです」
「”没入型体験 “という言葉がよく使われますが、その言葉が本当に実現されたことはないと思います。このアリーナに立ったとき、その体験を提供するために特別に作ったすべてのものの中で、『ああ、これが本当の意味なんだ』と思ってもらえたらと思います。音響、映像、すべてが360度で、空中にABBAが存在することになるのです」。

Check out official photos and fan reactions from ABBA’s ‘Voyage’ digital concert

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。