ABBA VOYAGEレビュー「心を揺さぶるサプライズ – あなたは顎を床につけて帰ることになる」

ABBA Voyageのレビューをする際に、その数々の驚きを伝えないようにすることは、引きこもりのアグネタに人前に出てもらうよりも難しいことである。

20曲からなるセットリストには、大ヒット曲のいくつかは含まれていないが、アルバム曲で始まり、最もわかりやすい曲ではないが、音楽家たちが彼らのソングライティングの才能の完璧な例として挙げている曲で終わるというように、ほとんどすべての条件を満たしているのである。

曲と同様に演出も驚異的です。3Dで再現された4人組の姿はもちろん、照明やスクリーンの使い方も画期的だ。全盛期のマドンナでさえ、これほどまでに素晴らしいスペクタクルを披露したことはなかった。

ABBAの音楽は私にとってどれほどの意味を持つか、言い尽くすことができない。60年代生まれの私にとって、ABBAの音楽は幼児期、青年期、成人期初期のサウンドトラックであり、iTunesによれば「ザ・ヴィジターズ」は私がこれまでに最もよく聴いたアルバムだそうです。このアルバムが発売された2年後の1982年、当時21歳だった私は、見事にダウンビートな「ザ・デイ・ビフォア・ユー・ケイム」をバックに回転しながら、頭の中では「ダンシング・クイーン」という祝祭の歌が聞こえていたのを覚えています。

ウェンブリー・アリーナに行く「マネー、マネー、マネー(お金、お金、お金)」(ごめん、我慢できなかった!)がなかったので、彼らの貴重なイギリス公演のライブを見ることは叶わぬ夢だった。

もちろん、Voyageのライブは厳密にはABBAのライブではない。アグネタ、ベニー、ビヨルン、フリーダのデジタルレンダリングを5週間かけて160台のカメラで撮影し、VFXの専門家が10億時間かけてその肉付けを行なったものです。この最新技術のおかげで、まるで彼らが目の前にいるような錯覚を覚えるほどです。

トレードマークのダンスを踊り、曲の合間に談笑する彼らは、シワを取り除き、永遠に保存された最高の姿であり、熱狂的なチケット購入者がいる限り、公演を続けることができるのです。

技術的な面でも素晴らしいものがある。3,000人収容の専用アリーナには、291のスピーカー、500の照明、6,500万画素のスクリーンが設置されています。10人編成のバンドは、重さ745トンの屋根の下に全員揃っています。

信じられないかもしれませんが、初日の夜、アグネタもそこにいて、他のバンドと一緒にカーテンコールをして、ファンを熱狂させ、ショー自体も熱狂させました。

これはコンサートであり、劇場であり、すべてABBAの作品である。あなたは、あごを床につけたまま、彼らの音楽に感謝することだろう。

https://attitude.co.uk/article/abba-voyage-review-mind-blowing-surprises-youll-leave-with-your-jaw-on-the-floor/27145/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。