ABBA VOYAGEレビュー「普通のABBAナイト・アット・ザ・クラブ」以上の何か

私は友人の方を何度も振り向き、目の前の巨大スクリーンに映し出されたABBAのAsを作った二人の女性がいかに若く新鮮に見えたかを伝えたいと思った。アグネタとフリーダは、実際には私たちと一緒に部屋にいなかったが、ABBA VOYAGEはそんなふうに私たちを幻惑するのである。

スウェーデンのポップバンドがロンドンで演奏するのは1979年以来ですが、現在、特注のアリーナでは、その年の彼らを模したホログラムの「ABBAター」たちが、90分間の大ヒット曲のコンサートを繰り広げています。モーションキャプチャーによるパフォーマンス、アニメーション、そして10人編成の生バンドが織りなす光景は、音楽が今もなお愛され続けていることを、フロアを熱狂させることでしょう。

宇宙船のような客席の一面を覆うスクリーンに映し出されたABBAターたちは、ほとんど本物のコンサートのように演奏します。ステージの下から「入場」し、観客と談笑し、衣装を変えながら我慢を求め、アンコールで戻ってくる。

金曜日の夜、観客も一緒になって楽しんでいた。60代半ばのカップルやディスコ好きの若いゲイが多く、参加者はどの曲も、まるで治療の儀式のように熱心に歌い続けていた。ABBA VOYAGEは、クラブでの普通のABBAナイトとは一線を画す、シンボル崇拝のエクササイズであり、最新鋭のプロダクションを駆使している。

ベニーは、事前に録音されたソロのスピーチで「存在するかしないか、それはもはや問題ではない」と宣言し、ライブパフォーマンス、真実、永遠、はかなさについての疑問は、ポップミュージック史上最大のアーティストと同じ部屋にいるという(ほとんど)目眩のように膨らんでいるのである。

このような21世紀の奇妙な試みが観客を喜ばせる成功を収めた理由を突き止めるのは難しいが、ABBAの音楽には奇妙な錬金術がある。例えば「マンマ・ミーア」(ここではラインストーンをあしらったピンクベロアのジャンプスーツを着て演奏している)。フックはなぜイタリア語のキャッチフレーズなのだろう?また、「悲しきフェルナンド」(ドラマチックな月食をバックに歌われる)はどうだろう。この4人のスウェーデン人が、メキシコの革命について何を語れるというのだろう?しかし、これらの曲の切実さは、観客の胸いっぱいの歌声に反映され、避けては通れないポップ・スタンダードとなっているのだ。

この2曲は、ABBAターが等身大でステージ中央に配置され、巨大なダンスフロアの背後にあるオーケストラフロアに座っている観客には、周囲のスクリーンがクローズアップを投影するという、ストレートな演出がなされています。ほとんどのナンバーがこのような形で演奏され、コンサートが再現される。観客は大喜びで一緒に踊り、一歩一歩拍手を送っていた。メンバーの実際の動きをベースに、若いボディ・ダブリンの動きを取り入れた振り付けは、「ギミー!ギミー!ギミー!」。「ギミー!ギミー!ギミー!」では、全盛期とは思えないハイキックや回転を、デジタルなリングスタが披露してくれた。

しかし、いくつかの曲は、フルサイズのスクリーンを使って、より徹底した視覚的なストーリーを伝える、没入型のミュージックビデオのように演奏されました。1977年に発表された「ノウイング・ミー、ノウイング・ユー」は、グループ内の恋愛や仕事上の関係の解消を反映したアンセムだが、ここではイングマール・ベルイマン的な「つながりの喪失」の研究として上演されている。メンバーのバラバラな顔が鏡のホールで歌い、最終的には和解のために抱き合います。

森とピラミッドを旅する若い旅行者が、メンバーの頭の巨大な彫刻を発見するところまでは、「イーグル」と「ヴーレ・ヴー」の2曲のフルアニメーションで描かれている。

これらの曲は、実際のコンサートの間奏部分を再現しており、各ABBAターが自分の成功や芸術性についてスピーチする場面もある。その中でも、1974年に彼らが一躍有名になった曲「恋のウォータール」のユーロビジョン・ソング・コンテストでの優勝時の映像が紹介されたのは、最高の幕間であった。

ABBAの音楽は実に複雑だ。シンプルな曲のように聞こえるが、実はハーモニー、メロディー、デジタル楽器、そして天使のような英語のボーカルが複雑に絡み合っており、スカンジナビアのバンドが得意とするところから少し外れたところにある。

映画やミュージカル、ベスト盤を経て、数十年経った今もなお、ポップ・マキシマリズムの頂点に君臨する魔法と技術のミックスなのだ。アリーナで聴く「チキチータ」のピアノのリフは高揚感に満ちており、眉唾な設定にもかかわらず、ABBA VOYAGEは奇跡的に飛翔している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。