「ハッピーバースデー」 長くつ下のピッピ! 5月21日はピッピの誕生日です!!

この夏、ピッピがサーカスをひっくり返します!ワールドプレミアの日はもうすぐです。
5月18日(水)に行なわれたプレスデーでは、報道関係者をサーカスへお招きし、記者会見と公演の発表が行なわれました。ケーキやチクタクショーが用意され、クリエイターとの楽しい会話も弾みました。ビヨルン エグゼクティブプロデューサー、マリン・ビリング Astrid Lindgren AB、ティルデ・ビョルフォース Cirkus Cirkör 芸術監督、マリア・ロフグレン演出、アンブラ・スッチ振付、マティアス・ヴェンジ音楽監督、マグダレナ・オーベリ衣装・空間デザイン、パトリック・クラール クリエイティブプロデューサー、最後に長身ピッピ・ロンストッキング(長くつ下のピッピ)役のイダ・ブレモの登壇がありました。
ビヨルンとCirkus Cirkörのコラボレーションによる新しいミュージカルで、ストックホルム市民と観光客にピッピに会う機会を提供するために、ユールゴーデンのCirkusは初めて夏にオープンします。ピッピ、プルシルスカン、シュタルケ・アドルフ、クラング、その他の愛すべきキャラクターたちが、サーカスアーティストやアクロバットとともにCirkusに登場します!老いも若きも、家族全員で楽しめる高空飛行のパフォーマンスです。 アストリッド・リンドグレーンの古典的な物語、トミー、アニカ、ピッピがサーカス団にやってきたときのことは、まったく普通では考えられないことなのです。
「2歳以上の何百万人ものスウェーデン人と同じように、私は『長くつ下のピッピ』が大好きです。アストリッド・リンドグレーン物語の中で、彼女はAnnikaとTommyと一緒にCirkusに行くのですが、その物語からインスピレーションを受けて、本物のサーカス団であるCirkus Cirkörと他の多くの才能ある人たちと一緒に新しく書いたミュージカルを作りました。私たちのショーでは、ピッピは同じでありながら、やはり異なっています。私たちは、アストリッドが書いたセリフの間にあるものを解釈し、それに音楽の衣装を与えています。この夏、Cirkusへようこそ!」。
ビヨルン・ウルヴァース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。