『マンマ・ミーア!』(おお、なんてこった!) グラミー賞に初ノミネートされたABBA

ニューアルバム『Voyage』に収録されている「I Still Have Faith In You」が、レコード・オブ・ザ・イヤーにノミネートされました。

ABBAは、デビュー・アルバムのリリースから半世紀近く経った今でも、音楽的なマイルストーンを達成し続けています。

スウェーデンのポップレジェンドは、今週のグラミー賞に初めてノミネートされました。彼らの曲「I Still Have Faith in You」は、オリビア・ロドリゴの「Drivers License」やリル・ナス・Xの「Montero (Call Me By Your Name)」などと並んで、レコード・オブ・ザ・イヤーにノミネートされています。

「I Still Have Faith in You」は、ABBAの9枚目のアルバムであり、40年ぶりのスタジオ作品である『Voyage』に収録されています。このバラードは、よりアップテンポな曲である「Don’t Shut Me Down」とともに9月にデビューしました。

火曜日まで、ABBAがグラミー賞に登場したのは、2015年にレコード・アカデミーの殿堂入りを果たしたときだけでした。ポップカルチャーにおけるABBAのユビキタス性を考えると、初めてのグラミー賞へのノミネートが発表されたことで、ソーシャルメディア上で多くのファンから賞賛と驚きの声が寄せられました。

「グラミー賞は音楽の質を決定づけるものではないということを思い知らされた」とツイートする人もいました。また、「ABBAがグラミー賞に0回ノミネートされた世界で、私はどのように生きていたのだろう?」 と付け加えました。

ABBAのメンバーであるアグネタ、ビヨルン、ベニー、フリーダは、今回のノミネートについてまだ公式にコメントしていません。

誰が見ても、彼らのグラミー賞受賞は遅きに失した感があります。グループは、1974年の『ユーロビジョン・ソング・コンテスト』で優勝した「恋のウォータールー」で世界的に有名になりました。それ以来、彼らは全世界で3億8,500万枚のアルバムを販売し、史上最も売れたポップミュージックアーティストの1組(1人)となっています。「ダンシング・クイーン」や「ザ・ウィナー」などのヒット曲は、世代を超えて愛されており、シャナイア・トゥエインやマドンナなどのアーティストは、ABBAのカタログを作品の中でサンプリングしています。

ABBAは1983年に活動停止しましたが、その爽やかなユーロポップのメロディーに対するファンの情熱は決して衰えていません。2000年に上演されたジュークボックス・ミュージカル『マンマ・ミーア!』はロンドンとブロードウェイで大ヒットし、2008年にピアース・ブロスナンとメリル・ストリープ主演で映画化された作品は、英国で史上最高の興行収入を記録しました。2018年に公開された続編『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』は、賛否両論の評価を受けましたが、興行的にはヒットしました。

1981年の『The Visitors』以来となるABBAのアルバム『Voyage』は、批評家の評価も高く、今月初めに英国で1位を獲得しました。

https://www.huffpost.com/entry/abba-first-grammy-nomination-2022_n_619d30fbe4b025be1ae22d77

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。