『ABBA Voyage』は確かに旅です!

スウェーデンのポップ・スーパーグループが最後にライブを行なった40年後に、観客は過去と未来が衝突する革新的なデジタル・コンサートで、ステージ上のABBAを再び見ることができるのです。

このショーは金曜日にロンドンで一般公開され、レッドカーペットで行なわれたプレミアには、ファンやセレブリティ、スウェーデンのカール16世グスタフ国王とシルヴィア王妃が出席しました。主賓はポップスの王族、ABBAの4人で、何年かぶりに一緒に公の場に姿を現した。

とはいえ、彼らは観客席にいたのだが。ロンドン東部のオリンピックパークに隣接する3000席のABBAアリーナのステージには、10人の生バックバンドと、『スター・ウォーズ』の監督ジョージ・ルーカスが設立した特殊効果会社Industrial Light and Magicがモーションキャプチャーなどの技術を使って作ったデジタルABBAが立っていた。

声と動きは本物のアグネタ、ビヨルン、ベニー、フリーダで、振り付けはイギリスのウェイン・マクレガーが担当した。しかしステージ上のパフォーマーはデジタルABBAターで、必然的に『ABBAター』と呼ばれることになったのだ。男性のひげ、女性の流れるような髪、ベロアのパンツスーツなど、1970年代の全盛期を彷彿とさせるようなリアルなディテールで、ABBAのメンバーが描かれているのです。

その結果、ハイテクでありながらハイ・キャンプであり、驚異的なテクノロジーと1970年代のノスタルジー、天才的なポップミュージックが融合したきらびやかな超新星が誕生したのです。

観客の多くは、ABBAの「マンマ・ミーア」「ノウイング・ミー、ノウイング・ユー」「SOS」「ダンシング・クイーン」などの名曲の演奏に、まるでタイムスリップしたかのような感覚を覚えたことでしょう。90分の軽快なセットには、ABBAが昨年リリースした再結成アルバム『Voyage』からの曲も含まれています。トリビュート・アクトと3Dコンサート・ムービーを融合させたような、そんな表現が似合う作品だ。バック・シンガーが前に出て「ダズ・ユア・マザー・ノウ」を歌うと、ライブのエネルギーがアリーナにほとばしり、ライブでないことを忘れてしまうほどだった。ABBA結成から50年、ライブ活動を休止してから40年、木曜日の公演の最後に4人のバンドメンバー(ABBA全盛期には夫婦だったが、今は離婚して久しい)が一礼すると、喝采を浴びた。若い頃の自分の演奏を見るのは不思議な感覚だろうが、現在70代のバンドメンバーは、このショーを喜んでいたという。

ビヨルンは「自分がこんなにすごい動きをしていたとは」と語ります。

フリーダも同意見だ。「自分でも相当うまいと思っていたが、さらに上だ」と。

ビヨルンは、観客の反応が一番嬉しかったと言います。

「ABBAターと観客の間には、感情的なつながりがあります」と彼は言います。「それは素晴らしいことです」。

プロデューサーは、このショーを “革命的 “だと言っています。時間が解決してくれるでしょう。100年前に初めてしゃべる映画を見た観客のように、観客は、自分たちが見ているのは仕掛けなのか、それとも未来なのか、疑問に思って帰るかもしれない。

The Times of Londonの批評家Will Hodgkinsonは、このショーを「本質的には、音と光のショーを加えたABBAのシンガロング」と判断しましたが、彼はその効果を「魅惑的」と呼んでいます。The Guardianに寄稿したAlexis Petridisは、このコンサートを “jaw-dropping “と呼び、”他のアーティストがこれに続くことを想像しないわけにはいかないほど成功している “と述べています。

ギミックであれ天才であれ、『ABBA Voyage』は2023年5月までロンドンで予約され、その後世界ツアーが予定されている。

プレミア公演に参加したファンたちは、ABBAが戻ってきたことをただただ喜んでいる。

1970年代からのファンであるスウェーデン人のKristina Hagmanは「とても興奮しています」と言った。

「当時はABBAを好きになることは許されなかったから、すごくいじめられたのよ、あまりにも商業的だったから」と彼女は言った。「でも、今は復讐しています」。

ENTERTAINMENT NEWS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。