【レビュー】ABBA VOYAGEのレビュー

10人のライブミュージシャン。160台のカメラ。スピーカー290個。500個のムービングライト。インダストリアル・ライト&マジックの視覚効果エキスパート1000人、作業時間10億時間。1,600席 870,000ワットのオーディオアンプ。最新鋭のスクリーンには6500万画素。

この画期的なショー「ABBA Voyage」の制作に費やされたテクノロジーの膨大な量には驚かされるばかりです。しかし、5年の歳月をかけ、世界のライブエンターテイメントのあり方を永遠に変えてしまうかもしれない情熱的なプロジェクトに、同じだけの心と魂が注ぎ込まれているのです。

ABBA Voyageは、5月にイーストロンドンのクイーン・エリザベス・パーク近くにある専用のABBAアリーナで、ケイト・モス、カイリー・ミノーグ、スウェーデン王と女王を含む観客を前にしてスタートしました。そして、そのオープニングショーの絶賛を受け、すでに来年5月まで予約が入っています。

成功の鍵は、建物そのものにあります。外見よりも内面が大きく見える驚異的な構造で、どの席からも(もちろん前方の1,400席の立ち見席からも)素晴らしい眺めが楽しめるように造られています。一方、あらかじめプログラムされた照明効果と壮大なサウンドシステムは、一見すると壮大な愚作に聞こえるが、実はこのショーを成功させるための重要な要素であることを意味している。しかし、プロデューサーのSvana GislaとLudvig Anderssonにとっては、ユニークな挑戦でした。

「私たちは2人とも3,000人収容の劇場を建てたことがないので、これは冒険です!」とAnderssonはショーの開始前に笑いながら話してくれました。「もし、それしかやっていなかったら、それでも相当なものだったでしょう!」 と、開演前のAnderssonは笑います。

「こんな馬鹿げた建物を建てたのは、ABBAがデジタルでそこにいて、あなたが<<物理的に>>そこにいるからです」とGislaは説明します。「その間にある空間は、私たちが突破しなければならない空間となり、私たちはそこに一緒に住むことになるのです。この建物のタペストリーが提供するのは、ある意味、3次元のバリアブレーカーなのです。デジタルがどこで終わり、フィジカルがどこで始まるのかわからないのです」。

驚くべきことに、ショーはその大胆な発言を実際に裏付けている。ベニー、ビヨルン、フリーダ、アグネタの4人のデジタル・バージョン、つまりABBAtarsを見ていることを観客がすぐに忘れてしまうのです。しかし、プレハブの4人が登場し、手足が少し長すぎたり、動きが少しロボットっぽかったりして、しばらく調整した後、このショーは驚くほど没入感のあるものになりました。

そのため、ABBAターそのものを見るにせよ、巨大なラップアラウンド・スクリーン(いくつかのナンバーでは少し奇妙なアニメーションが流れ、「恋のウォータールー」では楽しいアーカイブ映像が流れる)を見るにせよ、単にライトショーを見るにせよ、まるで本物のライブ、対面式イベントに参加しているかのように狼狽する(観客も、これらのダンスのほとんどは今ではきっと無理だろうが、まるで本物のABBAが演じているかのように拍手と叫び声をあげるのだ)。

もちろん、クラクソンズで有名な音楽監督ジェームス・ライトンの見事な指揮のもと、驚くほどパンチの効いた生バンドによって、忘れがたいヒット曲を満載したセットが用意されていることも助けになる(「ヴーレ・ヴ―」「ダンシング・クイーン」「ザ・ウィナー」「ノウイング・ミー、ノウイング・ユー」)は、深い曲とともにちゃんと存在するが、「スーパー・トゥルーパー」「テイク・ア・チャンス」「マネー、マネー、マネー」がないのは特筆に価する)。

しかし、これはロボカラオケでもなければ、VRシミュレーションでもない。どことなく不気味なホログラムショーや、ちょっと残念なゲーム内ABBAターコンサートとも違う、これまでに見たことのないものなのだ。しかし、人々がもう一度見たいと思うものであることは間違いない。それがVoyage自体のリターンチケットであろうと(他の曲も用意されているようなので、将来的にはセットリストを更新して季節ごとの需要に合わせて調整できる)、別のアーティストによる同様のショーであろうと、である。

会場はスウェーデンらしくフラットパックになっているので、比較的簡単に別の場所に移動することができる(「アレンキーを出して」とGislaは笑う)。ロンドンは最も明白な本拠地かもしれないが、1982年にバンドが活動停止して以来、ABBAのブランドは遠くまで広がっている。そして、ラスベガスのような場所なら、来日したスーパースターが直前になってセットが気に入らないと言い出すようなことがない、オープンエンドのレジデンスを熱望するのは間違いないだろう。

業界は、他のアーティストのためのこの形式の可能性にも注目していることは間違いありません。世界的な大流行にもめげず、このプロジェクトに心血を注いだABBAのような忍耐力(あるいは驚くほど潤沢な資金)を持つアーティストは少ないかもしれません。また、世代を超えたファンを持つ象徴的なバンドでも、メンバー全員が生きていて、このプロジェクトに参加できるわけではありません。自分が老衰してギターを持てなくなった後でも、ライブを残すチャンスは多くの人にとって魅力的だろうが、果たしてそれは未来のライブエンターテイメントになり得るのだろうか?

「その質問にイエスと答えたら失敗する運命にあるから、ノーと言っているんだ!」とLudvig Anderssonは笑う。他のバンドは、”素晴らしい、もうツアーをする必要がない、これだけやればいい “と思って見てはいけないと思う。それは間違った見方だ。

「これが成功する唯一の可能性は、ABBA自身がまさにこのようにやりたがっているからだ」と彼は付け加えます。「彼らは、これが自分たちのファンとつながる最良の方法であり、ファンに与えることのできる最良の経験であると考えている」。

これはまた大胆な発言だが、初演の最後に本物のABBAがステージに登場し、その数秒前に現代の自分たちの姿をより鮮やかにデジタル表示したもので観客をだましたことが強調されており、真実味を帯びている。

つまり、ライブ・エンターテイメント業界は、音楽だけでなく、もっと多くのことでABBAに感謝しなければならなくなるかもしれないのだ。

Abba Voyage Review

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。