【新刊のお知らせ】熊本地震 5 2016年8月編

【新刊のお知らせ】熊本地震 5 2016年8月編

この度、Amazonより

『熊本地震 5 2016年8月編』

を発刊いたしました。是非、ご購入下さい。

2回の大地震、復興、復旧、大豪雨、川の氾濫、復旧、復興……。熊本地震が起きてからの3ヶ月半はまさに地獄の連続だった。それでも被災者は立ち上がり、懸命に生きようとしていた。その甲斐あって、少しずつではあるが「笑顔」が被災者に戻ってきた。だが夏も暑くなり始めた8月からその「笑顔」の中に大きな違いが見られるようになった。所謂「被災者格差」である。8月と言えば「お盆」がある。熊本県民にとっては「新盆」となった。あちこちで被災者の霊の弔いが行なわれ改めて「自然災害の恐ろしさ」を痛感した。全国から多くの寄付(救援)物資が送れてきたが、「どうみても使えないモノ」「捨てるのが面倒なので熊本に送った」などの「嫌がらせ」も相次いで見られた。日本人の中には「本当に被災者を助けたい」と思う人もいれば、震災を「自分たちがいらなくなったモノの処理場」として利用して楽しんでいる人がいることがわかり、職員と共にショックを受けた。被災で一番辛いのは、「被災の悪夢」から目が覚めて、現実に戻った時であることがわかる。現在のコロナ渦中と同様な現象がここ熊本でも起こっていたのだ。

https://www.amazon.co.jp/%E7%86%8A%E6%9C%AC%E5%9C%B0%E9%9C%87-2016%E5%B9%B48%E6%9C%88%E7%B7%A8-%E6%9D%B1%E5%B1%B1-%E5%87%9B%E5%A4%AA%E6%9C%97-ebook/dp/B09K5D44QQ/ref=sr_1_15?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E6%9D%B1%E5%B1%B1%E5%87%9B%E5%A4%AA%E6%9C%97&qid=1635144853&sr=8-15

1.AmazonのKindleのアプリをダウンロードします(無料です)。

2.Amazonで購入しますとkindleに自動的にダウンロードされます。

3.機種により最初「文字が小さく」なることもありますが、スワイプ(2本指で上下左右にスライドさせる動作)すればお好みの文字の大きさに変更することが可能です。

*何十度も校閲しましたが、文字の間違いがあります場合はお許しください。

*原稿は編集者が使うEPUBというソフトで市販されておりません。そのため、プロに変換してもらいましたが、どういわけか「下げるつもりがないのに一字下がっていた」り、または「下げたつもりなのに下がっていない」数箇所があります。Amazonに聞きましたところ、直らないようですのでご承知おきください。読みにくくはありません!

都立武蔵高校卒・中央大学卒、作家・ジャーナリスト:東山凛太朗(竹内恒雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。