なんてこった!ABBAター・コンサートは、舞台芸術の革新が観客とつながるための変化を強調します。

スウェーデンのポップグループABBAが先月、デジタルで作成した4人のABBAターに扮してコンサートを再開したことは、世界中の人々の想像をかき立て、ポスト「新コロナ」時代における舞台芸術の革新を促進する『4日間のバーチャル会議』で最もホットな話題のひとつとなりました。
90分間のバーチャルABBA Voyageは、オリジナルメンバーのビヨルン、アグネタ、フリーダ、ベニーの現役当時のデジタルABBAター(「ABBAtars」)と、本物のミュージシャンを従えてステージ上で演奏するショーである。
最大160台のデジタルカメラで撮影され、モーションキャプションスーツを着たメンバーが22曲のヒット曲を演奏し、後からディズニーの視覚効果会社であるインダストリアル・ライト&マジックが特殊効果を加えています。

ABBAのABBAターショーは、先月香港で開催された2022 International Society for the Performing Arts (ISPA) Congressで、舞台芸術産業が観客とのつながりを深めるためにいかにテクノロジーを活用しているかについて議論された際に話題になりました。

パフォーマンスメーカー、デザイナー、ディレクターであり、「Arts, Healing and (Re)Connection of Communities」と題されたパネルセッションに登壇したゴビン・ルーベンは、この会話がきっかけで、ABBAのABBAターコンサートのチケットを購入することになったと言います。

◆テクノロジーを受け入れる聴衆

ルーベンによると、ロンドンのダンス会場であるサドラーズ・ウェルズ劇場のチーフ・エグゼクティブ、サー・アリスター・スポルディングは、「レジデンスとパートナーシップ」と題したパネルディスカッションで、コンサートショーを賞賛したそうです。レジデンスとパートナーシップ:アーティスティック・シナジーの創造」と題されたパネルディスカッションで、コンサートショーを賞賛した。
スポルディングは、「私はこれらのABBAターを見て、圧倒されました。テクノロジーについて、『こんなことを言うとは思わなかった。とても最先端だった』と言っています」と語っています。
ニューヨーク・タイムズ紙は、ABBA Voyageのショーを「魔法と技術力が混ざり合ったスペクタクル」と評し、ガーディアン紙は「あっと言わせる」と評しました。

「観客は、さまざまな種類のパフォーマンスに対して、より積極的な姿勢を示すようになりました」「文化交流に対する考え方も変わりました。パンデミック以前は、パフォーマンスを直接、舞台で見る必要があると考えられていましたが、今はそのような状況ではありません」 とも語っています。
5月24日から27日にかけて開催された「To Connect Beyond」と題するバーチャル会議には、世界87都市から400人以上の舞台芸術のリーダーが参加し、参加者同士の深い議論や経験の共有のためのリアルタイムなプラットフォームが提供されました。

このイベントは、舞台芸術の振興に取り組む500人以上のリーダーからなるグローバルネットワーク「ISPA」のメンバーやその他の海外からの参加者が、公共の場での集会に対する「新コロナ」規制が緩和され始めた今、創造性を刺激して新しいアイデアやビジネスモデルを交換するために開催されたものです。

この会議では、「Pitch New Works」のセッションで、一連の新しいワークインプログレスの舞台芸術作品が紹介されました。このうち香港の作品は、観客に目隠しをしてもらい、物語の盲目の登場人物に共感してもらうというものです。
新ドラマ『マハーバーラタ』。香港の教育者であり、国際的に高い評価を得ている演劇ディレクターのタン・シュウウィンが創作したこの作品は、古代インドの壮大な物語をベースにしており、無謀な王子がサイコロを使ったゲームで自分の財産と王国を賭ける姿を描いています。

「盲目という発想から、五感シアターという作品を創りたいと思いました」とTangは言います。「観客は目隠しをすることで、一瞬のうちに視力を失ってしまう主人公に共感することができるのです」。
また、観客には馬の模型が配られ、想像力を働かせながら鑑賞することで、触覚的な次元を追加することができるのです。
この作品は、来年6月にヴィクトリア湾に面した九龍文化区で初演される予定です。この作品は、伝統的な劇場で観客の前で上演されることを想定してデザインしたという。
「私にとってテクノロジーは、すべてを決定するものではなく、創造性に奉仕するものであるべきです。『テクノロジーは、多くの魅力的な可能性』を開いてくれます。このテクノロジーの研究は、私が死ぬまで、永遠に続くと思います」。
◆パフォーマンスが持つ「癒しの力」

タン氏は、「新コロナ」の影響が続いていることや国際的な対立など、世界が現在抱えている課題に直接対応するために、この劇を創作したと言います。
「これらのことが重なり、私たちの世界は物理的にも心理的にも少し危険な状態になっているのです」と彼は言う。

海外公演を視野に入れ、タン氏は視覚障害者団体と協力して、各都市から盲目の語り部を招き、彼らの母国語で物語を伝え、異文化の障害者とつながりながら、包括的な相乗効果を生み出すことを目標としている。
彼は、このような集中的な、あるいはより多様なコミュニケーションの方法を用いることで、トラウマを経験した人々にある種の治療効果をもたらすことができると考えています。「アートには癒しの力があり、異次元の世界を開き、コミュニティをひとつにする手助けをすることができるのです」と彼は言います。
コミュニティを癒し、再び結びつけるための舞台芸術の役割も、今回の会議で議論されました。
マレーシアとオーストラリアの独立系パフォーマンスカンパニーTerryandTheCuzのディレクターでもあるルーベンは、芸術は人々を集め、コミュニティが直面する問題を検討し、できれば解決するための強力な触媒になり得ると述べています。

「私たちは今、共通のもの(新コロナ)を持っていて、それが私たちに影響を与えているのです」。
ルーベン氏は、今回の会議での議論から、「意欲的なアーティストができること、意欲的なアーティストが何かに熱中している場合、彼らはその情報を外に出す方法を見つける…うまくいけば、新しい物語、新しい認識、これらの特定の事柄に対する理解を生み出すことができます」とも述べています。
彼は、パフォーマーが自分たちの仕事とその方法を改善するためのアイデアを共有するためのプラットフォームを提供することが、この会議の重要な役割だと言います。「このような交流は必要なことであり、継続する必要があります」とルーベンは言います。
この会議では、香港の2022年度ISPA賞の受賞者4名(著名な振付家、ダンサー、画家のShen Wei氏、世界的に有名な中国音楽の指揮者Yan Huichang氏、芸術管理の分野で多方面にわたるビジョンを持つWinsome Chow氏、ベテラン芸術管理者Tseng Sunman氏)も発表されました。パフォーミングアーツ界への多大な貢献については、下記をご覧ください。

https://www.scmp.com/presented/lifestyle/arts-culture/topics/connecting-beyond/article/3181808/abbatars-arts-innovation?module=perpetual_scroll_0&pgtype=article&campaign=3181808

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。