スーパー・トゥルーパー!ABBAがロンドンのライブでバーチャルABBAターとして凱旋!!

「マンマ・ミーア!」や「ダンシング・クイーン」など、多くの人に愛されているヒット曲を演奏するスウェーデンのスーパーグループABBAが、木曜日にロンドンの新しいコンサートのために、デジタルABBAターとしてではありますが、ステージに戻ってきました。

ビヨルン、ベニー、アグネタ、フリーダのバンドは、モーションキャプチャー技術により、1970年代の全盛期のデジタル版として仮想生命を得たのである。彼らが最後に共演したのは、約40年前のことでした。

現在70代の4人は、木曜日にABBA Arenaと名付けられた専用会場で行なわれたコンサートのレッドカーペットで、一緒に写真を撮りました。

「何年ぶりかわからないが、ロンドンに戻ってこれてとてもうれしい」とアグネタはロイター通信に語った。

「ABBAは、『スター・ウォーズ』の生みの親であるジョージ・ルーカスが設立したIndustrial Light & Magic社の850人のチームと協力して、このプロジェクトに臨みました」。

生バンドを従えたABBAターは、『Voyage』と名付けられた90分のショーで約20曲を演奏します。途中、ジョークを飛ばしたり、衣装替えをしたりもしたそうです。

本物のABBAは観客の間を縫って、最後にステージに上がり、抱き合って観客に手を振っていました。

このコンサートは金曜日に正式に始まり、昨年11月に40年ぶりのアルバム『Voyage』でチャートのトップに立ったバンドにとって、大成功を収めたカムバックの一部となるものです。

1972年に結成されたABBAは、世界中で多くのファンを獲得し、推定3億8500万枚のレコードを売り上げました。

彼らは1980年代初頭に活動停止したが、ステージ上で再結成するという噂が何年も前から流れていた。

「ABBAは私たちの元を去ったことはありません」とアグネタはある記者に語った。

バンドはこれで終わりなのかと尋ねられたフリーダは、ロイターにこう答えた。「私たちがどのくらい生きているかによるわ…私たちが幸運ならね」。

「でも、絶対ないとは言い切れない」とベニーは付け加えました。

「ABBAターは生き続けるんだ」とビヨルンは告げました。

Super Trouper: ABBA returns to stage as virtual avatars for London gigs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。