タイムカプセルなんかじゃないよ!これこそ今のABBAがしたいことなんだ!!!

ABBAは、11月に40年ぶりとなる新曲をアルバム『Voyage』としてリリースしました。このアルバムは、5月にロンドンの特注アリーナで開催され、2022年まで続く、これまでにないコンサート・レジデンシーの名前でもあります。

ホログラムや3Dスクリーン、3Dゴーグルではなく、全盛期のABBAをイメージしたフォトリアリスティックなABBAターは、通常のフラットスクリーンに表示され、ライブバンドと一緒にステージに立っているかのようなパフォーマンスを見せてくれます。ショーのディレクターであるウォルシュ氏は、物理的な現実世界とデジタルスクリーンの世界との間の壁を、光を使って取り除く方法を見つけました。

アリーナで起こるすべてのことは、スクリーン上のデジタル空間に反映され、継続される必要があります。これは、ジョージ・ルーカスが設立したインダストリアル・ライト&マジック(ILM)社の視覚効果の名手たちの助けを借りて行なわれています。

ウォルシュ氏はPollstarの取材に対し、「通常のスクリーンを見ていると思われないように、できる限りのことをしています」と語り、「それを無意味なものにする方法もあります」と付け加えました。「私たちは、人々が信じられなくなるような、できるだけリアルでライブコンサートに近いものにしなければなりません。願わくば、最初の数音を聴いた後に、2022年の現在のABBAを、当時と同じように物理的に見ることができるという興奮を感じてもらえればと思います」。

このショーのプロモーターの一人であるアンダーソン氏(Ludvig Andersson)は強調しました。「このショーをスクリーンの観点から語ることは、決して正当な意味を持ちません。このショーをスクリーンで語ることは、決して正当な評価ではありません。このショーは、音楽、感情、愛、魂がすべてであり、その体験を提供するための手段ではなく、体験が重要なのです。今回のショーは、これまで誰も使ったことのないほどのテクノロジーを駆使していますが、テクノロジーが目的ではありません。しかし実際には、技術をうまく使えば使うほど、技術は重要ではなくなるのです」。

ウォルシュ氏が思い描く照明設備の量は、専用のアリーナでなければ実現できません。「これは旅行できるようなコンサートではありません」と彼は言います。また、ロンドンのクイーン・エリザベス・オリンピック・パークに3,000人収容の建物が完成しつつある中で、1年間貸し出せるスペースが他になかったのです」。

「それが幸いして、ABBAの音楽とパフォーマンスから始まり、そこから爆発的に広がっていきました」とアンダーソン氏は言います。「建物はパフォーマンスを中心に有機的に成長し、音的にも視覚的にも隅々までコントロールすることができます。私たちの空間に足を踏み入れた瞬間から、コンサート全体の体験の一部となるのです」と語っています。

ILMは、バンドのメンバーであるアグネタ、ビヨルン、ベニー、フリーダのモーションキャプチャーをもとに、ABBAのABBAターもデザインしました。「ABBAのモーションキャプチャー撮影は素晴らしい経験でした。5週間かけてすべての曲をカバーしました」とウォルシュ氏。その後、長い間ABBAを研究してきたダブリューと一緒にさらに映像を記録した。スターコレオグラファーのウェイン・マクレガー氏は、ABBAのモーションキャプチャーとアーカイブ映像をベースに、オリジナルバンドのような動きを確認した。「非常に基本的なアニメーションから始めて、何が機能しているか、どんな動きが良いかを見て、それを基にしていく。この1年半はそれを繰り返してきました。今は、これまでの苦労が報われて、ビジョンが実現する段階に来ています」とウォルシュ氏は語る。

ウォルシュ氏は「1時間半も立っていて、『このABBAターはすごい』と言ってくれる人はいないでしょう。ABBAターでも人間でも関係なく、同じものを提供しなければなりません。うまくいけば、人々が踊り、歌い、泣くような非常に感動的なショーになるでしょう。人々はABBAターのことなど忘れてしまうでしょう。『スター・ウォーズ』をはじめ、ポストプロダクションを多用した映画を見ると私は『スター・ウォーズ』や、ポストプロダクションを多用した映画を観るとき、そのポストプロダクションが何であるかには2分も興味がありません。そして、それはショーでも同じだと思います」。

ABBAターと一緒に演奏するライブバンドは、「ステージに立って観客を魅了することができる本物のパフォーマーで構成されています。彼らのキャスティングにはJames Righton氏が協力してくれました。ロンドンのスタジオで2日間、ひたすらジャムをしました。これは約2年前のことです。2月には音楽のリハーサルが始まります」。

彼は「これはABBAがやりたいことで、彼らは完全に制作に関わっている」と強調しました。これは2022年のABBAのコンサートです。これは今のABBAです。タイムカプセルでもなければ、カラオケショーでもない。ABBAにやりたいことを聞くとこうなるのです。彼らは『私たちはこれをやりたい、最も前代未聞で最も巨大な音楽パフォーマンスの歴史の中で、最も前代未聞の、最も巨大なプロダクションをやりたい!』これが今のABBAの本音なのです!!」。

https://www.pollstar.com/article/this-is-not-a-time-capsule-this-is-abba-now-a-first-look-at-abba-voyage-149409

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です