ビヨルン、ABBAターのコンサートを見るファンの後ろに座って「信じられない」瞬間について語る!

ABBAの伝説的存在であるビヨルンは、バンドのメンバー3人とともに、若いABBAターがヒット曲を歌う彼らのコンサートに対するファンの反応を密かに見ていたと告白している。

ほとんどの人は、ロンドンのオリンピックパークにある新しいABBAアリーナで、70代の3人のパーティーが静かに席に着いたことに気づかなかっただろう。

というのも、彼らは一番後ろにいて、照明が落とされ、ステージに注目が集まっていたからだ。

「私たちは暗闇の中で後ろの方に座っていたので、誰にも見られませんでした」とビヨルンは笑います。
「ベニーとフリーダは、自分たちを観て『これはいったい何なんだ。どうしてこんなことになったんだ』とね」。

月曜日の夜の密かな作戦は、ビヨルン(77歳)、フリーダ(76歳)、ベニー(75歳)が、デジタルで作った若いABBAターに対するファンからの反応を見る初めての機会であった。

アグネタ(72歳)を含む4人のメンバー全員が出演することが期待されている今週のプレミア上映を前に、このようなコメントが寄せられました。

「信じられないことです」とビヨルンは言う。

「アリーナにいる間、ファンは私たちが本物で、ステージにいるのだと信じている。ABBAのコンサートに来ているんだ」
「私たちは人々の心にトリックを仕掛けているのですが、彼らは喜んで私たちを許してくれるのです」。

ジョージ・ルーカスの視覚効果会社の助けを借りて作られた若い頃の自分を見て、感情的になったことを認めています。

「私と、それを見に来る私の家族全員にとって、特別な瞬間でした」
「多くの人は、私がステージに立つのを見たことがないほど若いのです。控えめに言っても、とても感情的なものだった」。

昨年リリースしたアルバム『Voyage』は、17カ国でチャート1位を獲得し、世界に衝撃を与えた。

ビヨルンは、再結成が実現したと確信したときのことを鮮明に覚えている。

スウェーデンのレコーディングスタジオで、それまで40年以上も彼の曲を歌っていなかったアグネタとフリーダと一緒にいたときのことを、彼はこう語っている。

「ベニーと私はコントロールルームで息を止めて、大きな窓から前を見ていたんです」
「譜面台に歌詞を載せて、二人は向かい合って立っていた。ここが正念場だったんだ」。

1982年以来、ライブで彼らのハーモニーを聴くことはなかったが、彼らの歌声は完璧だった。まるでタイムスリップしたような感覚だった。

「彼女たちは最初の音を出し、音楽的にはこれまでと同じようにABBAに聞こえました」とビヨルンは言います。「その瞬間まで、私たちは続けるかあきらめるか、まったくわからなかったんです」。ABBAの歴史を考えれば、この再結成が大きな意味を持つのは当然だろう。

アグネタとビヨルン、フリーダとベニーという2組の夫婦は、明るいハーモニーとコード進行の中に、結婚生活が破綻したときの動揺を隠し持っていた。

1980年にアグネタとビヨルンが、1981年にベニーとフリーダが離婚。

1983年にバンドは活動停止し、3年後にマネージャーのスティッグ・アンダーソンを称えたスウェーデン版『This Is Your Life』で最後の公の場でのパフォーマンスを行なった。

しかし、このような背景の中、バンドは親しい友人であり続けている。

「アグネタと私は、クリスマスや誕生日など、ほぼ毎年会っています。フレダはよくストックホルムに来るから、会うんだ。メールやテキストメッセージでいつも連絡を取り合っているんだ」。

2016年、ソングライターのビヨルンとベニーが初めて出会ってから50周年を記念したプライベートイベントで、数十年ぶりに共演した。

2000年に100日間の世界ツアーを行なう6億円の契約など、再結成のためのオファーが殺到した。

「ほとんどのオファーは、湾岸の首長など、私たちの手元に届くことはなかったよ」とビヨルンは笑う。「しかし、再びツアーを行うことは、私たちにとって恐怖の対象だったでしょう。だから、すぐに断ったんだ」。

そして、彼らはお金を必要としていなかった…。

活動停止後、バンドはさらに大きな商業的存在となった。1992年のベストアルバム『ABBA Gold』はイギリスで2番目に売れたアルバムとなり、ミュージカル『マンマ・ミーア!』は2本の映画を生んだ。

その事実がビヨルンを喜ばせている。

そして、No10閉鎖騒動の中心となったボリスとキャリー・ジョンソンのABBAパーティーのことを思い出しては、笑っている。

「彼らがABBAのファンであることは素晴らしいし、誰かがABBAを演奏することも素晴らしいことですが、国内政治には私は口出ししません」とビヨルンは笑う。ボリスが挫折したかと聞かれると、ビヨルンは苦笑いを浮かべながら、こう答えた。「ノーコメントです」。1974年、ブライトンで開催されたユーロビジョンで優勝して以来、英国に愛着があるという。

とはいえ、「イギリスは0点しかくれなかった」と笑う。

仕事以外では、孫をあやすのが好きだという。

時々、「なんで今日はおじいちゃんがテレビに出ないの?って言うんだけどね」。

ビヨルンは、オープンカヤックでパドリングする「サーフ・スキー」のおかげか、とても健康そうです。

「とても速くて、ふらふらするんですよ」と笑う。「ストックホルム群島の外側にサマーハウスを持っています。人間ができることの中で、最も素晴らしいことです。大好きなんだ」。

チケットはabbavoyage.comでお求めください。金曜日オープンです!!

https://www.mirror.co.uk/3am/celebrity-news/abbas-bjorn-unbelievable-moment-sat-27055992

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。