ビヨルンが「ABBAター」制作について語る!!

昨年、スウェーデンのポップ・ゴッドABBAが40年ぶりのニューアルバム『Voyage』をリリースし、私たちはその祝福を受けました。もちろん、新しい音楽はそのアルバムのための公演を意味し、アグネタ、ビヨルン、ベニー、フリーダはその期待を裏切らない。このポップ・グループは、従来のコンサートではなく、ロンドンに新しく作られたABBA Arenaで、10人の生バンドを従えて、デジタル処理で年齢を落とした自分たちの姿でパフォーマンスを行なう。

ABBAの創設メンバーであるビヨルンは、CNBCのインタビューに応じ、「40年がかりのコンサート」と銘打ち、このオールデジタル・パフォーマンスについて語った。

「リスクはもちろん、私が考え、願っているような体験だと人々が思わないことだ。それが一番の問題だ」とビヨルンはバンドのデジタルABBAターに対する懸念について述べています。「コンサートから帰ってきた人たちが、ああ、まあ、悪くはなかったけど…と思ってくれたら、その人たちに感情移入してもらいたいし、今まで見たことのないものを経験したと感じてもらいたいんです」。

おそらく彼らが着用したものの中で最もクレイジーでないモーションキャプチャースーツを使って、バンドメンバーはスウェーデンのストックホルムにある特別なスタジオで90分のセットをすべて行ない、「ABBAター」コピーを作り上げました。

モーションキャプチャーのプロセスを振り返って、ビヨルンは次のように語っています。「というのも、周りを見渡すと、アグネタが自分の演技をしていたり、ベニーがいたり、まるで昔のように。でも、結局は楽しかったんだ」。

ミュージシャンのホログラフィックバージョンを作成する技術は新しいものではありませんが、2Pacやマイケル・ジャクソンがデジタルパフォーマンスを行ったのは有名です。

「私たちはこの分野のパイオニアです。ABBAターを作り、毛穴や鼻毛まで、人間と同じデジタルコピーを作ることで、しばらくすると、これは人間だ、これはデジタルではない、これは人間の映像だ、と感じるようになるでしょうし、パイオニアになること、この文脈でそれを行なうことはとても楽しいです」と彼は言います。

すでに予告編で、TRONのようなネオンライトのスーツを着て、1979年のアルバム『ヴーレ・ヴー』から「サマー・ナイト・シティ」という曲でグルーヴする、脱年齢化したダンスクイーン/キングの姿を見ることができました。デジタル時代の彼らは、5月27日にロンドンのABBAアリーナで完全復活する予定です。

https://www.avclub.com/abba-bjorn-ulvaeus-discusses-hologram-performance-voyag-1848965057

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。