ビヨルン激白!!グループの再結成は「巨大なリスク」!!!

ビヨルンが、伝説のグループのカムバックは「巨大なリスク」だと考えていると語った。

スウェーデンのポップアイコンであるABBA(彼ら)は、昨年11月に40年ぶりのアルバム『Voyage』で復活し、5月27日からロンドンのクイーン・エリザベス・オリンピック・パークで一連の「革命的」なコンサートを行なう予定だ。

『Voyage』は発売後1ヶ月でプラチナムを獲得し、ABBAはグラミー賞に初めてノミネートされました。シングル「I Still Have Faith In You」は今年の「Record Of The Year」賞の候補となりました。

さらに、待望のアルバムは全英1位を獲得し、今世紀最速で売れたレコードとなった。

この成功にもかかわらず、ビヨルンはThe Sunday Timesとの新しいインタビューで、これほど長い間音楽から離れていたグループがカムバックすることに懸念があると説明しています。

「これは非常に大きなリスクで、私が話すほとんどの人はそのことを理解していない」と彼は言った。「『ああ、大丈夫だろう 』と皆、言うんだ。でも、時々、僕は朝の4時に目が覚めて『俺たちは一体何をしたんだ?』って思うってしまうんだ」。

今度の『Voyage』コンサートでは、ABBAの「デジタル」バージョンが10人編成の生バンド(KlaxonsのJames Rightonの協力でまとめられ、Little Bootsが参加)と共に、ABBA Arenaという3000人収容の新しい専用会場でパフォーマンスを行なう予定である。

昨年9月、このイベントのプロデューサーは、まばゆいばかりの公式トレーラーが公開される前に、「魔法の宇宙サーカス」に何を期待するかについてNMEに語っています。

ビヨルンはサンデー・タイムズ紙に、他のミュージシャンもしっかり見ているはずだと語った。「多くのアーティストが僕らを研究することになるだろうね、間違いなく」と彼は言った。「名前は挙げないけど、何人か思い当たるよ」。

「誰が一番乗りなんだろう?コメントすることはできませんが」。

一方、フリーダは、ABBAが、以前ツアーを行なっていた時に「囚人」のように感じることがあったことを明かした。「私たち状況はとても奇妙だった。第二の家であるスタジオではなく、ツアーに出ると、ホテルでは多かれ少なかれ囚人のような状態だったわ」。

フリーダは昨年11月、ABBAの今後の新曲について「『絶対ない』って言うことを学んだ」と語っていた。彼女のバンドメイトであるベニーは以前、『ヴォヤージ』のライブイベントを終えたらグループは引退すると説明していた。

リトル・ブーツ(別名ヴィクトリア・ヘスケス)はNME誌にこのライブへの参加について、ずっと「メガファン」であったABBAと一緒に仕事をするのは「絶対に心が震える」ことだったと語った。

「私はディスコの大ファンなので、ディスコのソングライティングが評価されるのは嬉しいことです」と彼女は説明しました。「ABBAは今、私たちの芸術の歴史の中で伝説的な存在になっています」。

ABBA’s Björn Ulvaeus says group’s reunion is an “immense risk”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。