ポップ・レジェンドABBAの40年ぶりの復活に対する世界中の人々の反応や如何に!?

ABBAがカムバックした!

しかし日が経つごとにその感動も冷めつつある。

実際に世界中の人たちはどう感じているのだろうか?

◆彼らが戻ってきてくれて嬉しいし、新曲を聴いてとても感動しました。
多くのファンと同様に、私も復帰のニュースを不安な気持ちで迎えたと思います。他のファンと同様に、私も復帰のニュースを恐れていました。しかし、ベニーとビヨルンはとても才能のある作家であり、プロデューサーでもあるので、大丈夫だと確信しました。アグネタとフリーダが40年以上ぶりに一緒に歌っているのを聞いたとき、私は喜びと高揚感を覚えました。彼らの音楽は、最もオーソドックスなものであっても、ポップスの作家や演奏家が触れることのできない、深い感情の核を持っています。彼らが戻ってきてくれたことを嬉しく思うと同時に、初めてこの音楽を聴いてとても感動しました。

私の両親はABBAファンでしたので、70年代に彼らの音楽を聞いて育ちました。家や土曜日の朝のテレビ、トップ・オブ・ザ・ポップスなどを思い出します。大人になってからは、90年代前半にゴールドを購入し、彼らのソングライティングスキルとその素晴らしい声に驚かされました。今でも彼らには驚かされます。これ以上のポップミュージックはありません。私の中では、彼らはレノン/マッカートニーや60年代のモータウンに匹敵する存在です。(アダム・シアー51歳、初等供給・音楽教師、オックスフォードシャー州)

◆歌いやすさが損なわれているのではないかと。
1曲目で印象的だったのは、女性の声がとても低かったことです。私はセミプロの合唱団で歌っています。私はアルトで音域も広いのですが、彼女たちの低音にはほとんど届きませんでした。ABBAの最大の売りは、歌いやすさであり、快適な声域のために作曲されています。それが危うくなってしまったのかもしれません。それはさておき、このアイデアはとても気に入りました。「恋のウォータールー」から1300人の観客の前で聖歌隊と一緒に「マンマ・ミーア」を歌うまで、ABBAは常に私の人生の一部でした。(ソフィー・ヘルドン、54歳、TEFL教師、スペイン、ムルシア)

◆2つの新曲は、内省的で成熟した、そして高揚感のある、まさにぴったりの曲だと感じています。
ジェームズ・メイヒューは、ABBAの雑誌に初めてイラストを掲載しました。
70年代のABBAのニューアルバムの興奮に似ています。新譜はいつも特別なものでしたが、40年の時を経て、これほどまでに特別なものはありませんでした。2曲の新曲は、内省的で、成熟していて、高揚感があり、ほんの少しだけ哀愁が漂っていて、ちょうどいい感じです。「I Still Have Faith in You」は、赦しのメッセージのようですが、それは私たちが切望していたことであり、彼らが幸せになり、平和になることで、私たちもそうなることができるのです。

私にはたくさんの思い出があります。私の両親は、私がロンドンに彼らのコンサートを見に行くことを拒否しました(私は彼らを許していません!)。ビヨルンとアグネタが離婚したとき、私は悲嘆に暮れました。これで終わりだと思っていました。しかし、1980年に「ザ・ウィナー」で再び1位を獲得し、すべてがうまくいくようになりました。私が初めて出版されたイラストは、実際にABBAの雑誌に掲載されたもので、アートコンテストで準優勝したものでした。欠点は、学校でのひどいいじめと嘲笑でしたが、私の愛情は揺るぎませんでした。今となっては、自分の正当性が証明されたような気がします。(ジェームズ・メイヒュー57歳、児童書作家・イラストレーター、サフォーク州)

◆新しい音楽を聞いた瞬間、時計は私を若い頃、そしてよりシンプルな時代に戻してくれました。
私は当初、不安を感じていました。悪い結果になる可能性は十分にありました。とてつもなく興奮しながらも、「I Still Have Faith in You」を一人で聴くことにした。深呼吸をして再生ボタンを押すと、すべての不安が解消されました。フリーダの声は相変わらず力強い。ワオワオワオ! 彼らの才能は完全に維持されており、ABBAの名曲のように、曲の簡単さは、それを高く明確に力強く支える複雑さと職人技を見事にカバーしている。彼らの最後のレコーディングと今回のレコーディングの間には段差があります。新曲を聴いた一瞬で、時計は私を青春時代に、そしてよりシンプルな時代に戻してくれた。

これはABBA新しい始まりではなく、39年間待っていたご褒美だと思う。そしてそれは、彼らのレガシーを反映した完璧なアンセムであり、何と素晴らしいご褒美だったではないでしょうか。彼らにブラボー。私がABBA出会ったのは「ヴーレ・ヴー」でした。私は11歳でしたが、すぐに夢中になりました。LP、シングル、ポスターを買いました。ビヨルンとアグネタが私の本当の母親と父親だと想像しました。スペイン語、スウェーデン語、フランス語、ドイツ語で彼らの音楽を探しました。ストリーミングやインターネットが普及する前は、レアものを見つけては(これは大変なことでした!)、ABBAが不人気になっても、私は一緒に歌い、カセットを使い切っていました。そして、新しい世代が登場し、ABBAの喜びを理解してくれたのです。何という喜び、何という人生、何というチャンスでしょう。(デイビッド・バレット、52歳、コミュニケーション部門勤務、コペンハーゲン)

◆こんなにエキサイティングなサウンドを持つバンドなのに、もう少し野心的なものに挑戦しなかったのは残念だ。
2021年のポップス界の状況を見ると、いつも以上に完璧な年であるような気がしていました。ブルーノ・マーズやデュア・リパ、レディー・ガガなどとのコラボレーション・アルバムを出して戻ってくるのではないかと半ば期待していました。

だからこそ、彼らの2つの新曲がバラードで始まり、かなり無味乾燥なシンセ・ストリングスで埋め尽くされているのは、少し奇妙に思えた。こんなにエキサイティングなサウンドを持っているバンドなのに、もう少し野心的なものに、ちゃーんと挑戦していなかったのは残念でした。しかし、2曲目に収録されている「Don’t Shut Me Down」は、非常に素晴らしい曲で、ベストアルバムの中で、彼らのオリジナルの名曲と並んでいてもおかしくありません。(ジャック・オー、33歳、コミュニティ・エンゲージメント・オフィサー、オックスフォード)

◆文化的な瞬間を共有することができました。
ライブストリームでABBAの復活を見ていたとき、「なんてこった、俺はポップミュージックが大好きだ」と思わせるようなスリリングな興奮を覚えました。よくABBAの曲の核心はメランコリーだと言われますが、実際にはすべて喜びに満ちていて、私たちは2021年にそれを必要としているのです。

この曲は天才的です。ポップス界のレジェンドが目に見えて年を取り、若い頃に愛した曲とは似ても似つかない音楽を作り続けることを、人々は好まない傾向にありますが、この作品はすべての人を満足させることができました。歌詞やアルバムカット、B面などをじっくり吟味する筋金入りのポップスファンは新しい音楽を貪ることができ、一方、ABBAが無数の素晴らしい思い出のサウンドトラックであるカジュアルなリスナーは、ABBAが帝王時代のまま保存されているホログラムショーを楽しむことができるのです。その波に乗っている私たちは、人生で最高の時間を過ごすことになるでしょう。

ABBAは、伝統的な「ロック」の世界に入る前から、私たちが共有するカノンの中心的なアイコンとして、常にそこに存在していました。イレイジャーのABBA風のEPは、おそらく私が最初に意識して聞いたもので、12歳の私は、非凡なポップソングを歌うドラァグ姿の男たちに注目していました。その数ヵ月後に発売された比類なき『Gold』は、紛れもない幸福感に満ちた輝きを放つ1枚のディスクであり、ABBAが「ナウい」とか「カッコ悪い」というような残りの概念を完全に破壊してくれました。ABBAは、苦しいときにはいつも心の支えになっていましたし、これからもそうでしょう。(フィリップ・マトゥサベージ、41歳、慈善活動家、ロンドン)

◆常に希望を持ち続けていた。
なんて幸運なんだ!年数が経つにつれ、彼らが新曲をリリースすることは(おそらく)ないだろうと思っていましたが、私は常に希望を持ち続けていました。目覚ましを2時45分にセットして、シドニー在住の友人と一緒にライブを見聞きしたのですが、久しぶりにお馴染みのハーモニーを聞いたときには、鳥肌が立つと同時に涙が出てきましたよ。

彼らがファンに新しい音楽を提供してくれたことにとても感謝しています。しかも、世界で起こっていることを考えると、このような必要な時期に。ここ数ヶ月でこんなに幸せな気分になったのは初めてで(ロックダウン疲れ)、残りのアルバムを聴くのが待ち遠しいです。ABBAは10代の私に多くの喜びを与えてくれましたし、数年間、私の人生の大きな部分を占めていました。音楽やミュージシャン、バンドの中には、現れては消え、消えては残るものがありますが、ABBAはいつも残っていて、いつも笑顔をもたらし、踊りたくさせ、バラードで感情をかきたててくれます。私が10代の頃に抱いていた彼らへの愛は、今まさに再燃しています。何年も経っているのに、誰が想像できたでしょうか?(デニス、56歳、陶芸家、オーストラリア、ビクトリア州)

皆様はいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。