ミック・ジャガー語る「あまり複雑でないコンピュータ化で多くの音楽的なことができる」

ミック・ジャガー、ABBA VoyageショーとAI技術を語った。

「あまり複雑でないコンピュータ化で多くの音楽的なことができる」。


ローリング・ストーンズはまだロックしているかもしれないが、リードシンガーのミック・ジャガーは、将来のある時点で自分のバンドがABBAのようなバーチャルな存在になる可能性を否定していない。

Apple Music HitsのMatt Wilkinsonから、ストーンズがいつかデジタル次元に進出する可能性はあるかと聞かれたジャガーは、こう答えている。「それは一行で答えるのは愚かなことだ」「なぜなら、僕は本当に正直にそれについて考えたことがないんだ」。


そして、スウェーデンのポップ・タイタンのロンドン公演を、まだ自分の目で見たことはないものの、「テクノロジーのブレークスルー」と表現している。

「見に行くはずだったんだけど、列車のストライキがあってね」

「だから行けなかったんだ。電車で行くつもりじゃなかったんだけど、…渋滞がひどくてね」。

渋滞の苦労はともかく、ミック卿はストーンズを存続させるためにテクノロジーがどのように役立つかについて、確かに興味を持っているようだ。

「この先、どんなテクノロジーが待ち受けているかなんて誰にもわからない」

「我々はすでにこのようなことを行なうAIの世界にいるわけだし、それほど複雑ではないコンピュータ化で多くの音楽的なことを行なうことができるはず」。

ABBAのVoyageショーは、今年初めにオープンして以来、絶賛を浴びています。バンドの「Abbatars」は、3Dアニメーションと巨大な壁のLEDスクリーンの組み合わせで作られています。
 

https://www.musicradar.com/news/mick-jagger-rolling-stones-abba-voyage

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。