レッド・ツェッペリンはABBAターアクトをするよう依頼されたとジミー・ペイジが語っている

レッド・ツェッペリンはABBA風のアバターアクトをするよう依頼されたとジミー・ペイジが語っている。


レッド・ツェッペリンはABBAスタイルのABBAター・アクトを行なうというアイデアを持ちかけられたと、ギタリストのジミー・ペイジが明かした。

スウェーデンのポップグループのヴォヤージ・コンサートの話が出るよりずっと前に、ロックバンドは「そういうことをやってほしい」と頼まれたと、ペイジはヘイ・フェスティバルで聴衆に語った。

しかし、ミュージシャンであり音楽プロデューサーでもあるペイジは、彼と生き残った2人のバンドメンバー、ロバート・プラントとジョン・ポール・ジョーンズが同意できなかったため、このプロジェクトは「実際に動き出すことはなかった」と語っています。

ペイジは、かつて所属していたヤードバーズにはバーチャルツアーがうまくいくとは思えないと語ったが、レッド・ツェッペリンには可能性があると示唆した。

彼はまた、エルビス・プレスリーのホログラム・パフォーマンスについても肯定的に語っている。「あれはきっと良かったんだろうけど、僕は見てないんだ」と78歳は語った。

ABBAのショーはバンドにとって批評的にも商業的にも大成功を収めそうで、たとえコンピュータ化されたものであっても音楽のヒーローを楽しみたいというファンの欲求を浮き彫りにしている。ロンドンでのショーは12月まで週7回行なわれ、ガーディアン紙の音楽評論家アレクシス・ペトリディスは「本当にあっと驚くような…実際にABBAを目の前にしていないという余韻は溶けてしまった」と表現している。

しかし、ペイジは、テクノロジーが音楽と関わりを持つようになったことに対して、複雑な思いがあることを認めている。ペイジは、ミュージック・ビデオは、それまであった多様な音楽スタイルを「封じ込め」、バンドがビデオに適したモデルに同化することを促していると言った。

しかし、コンピューターによって、若い人たちがホームスタジオを作り、音楽を作り、”インターネットに流す “ことができるようになったことを称賛した。ブライトンで出会った、ベトナムで成功を収めた「本当にエキサイティングな」バンドについて語った。インターネットにアップした曲が東南アジアの広告で取り上げられ、そのバンドは東南アジアで人気を博したのだそうです。

ペイジは、テクノロジーがバンドにどのように役立つかに興味を抱いているが、ライブパフォーマンスによって達成される「ミュージシャンの交感」は不可欠であるという。同じ曲を何度も演奏することが、スタジオミュージシャンとして成功した理由であり、「自発的なスタイルを生み出し続けられるから」だと彼は言う。

https://www.theguardian.com/music/2022/jun/02/led-zeppelin-were-asked-to-do-abba-style-avatar-act-jimmy-page-says

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。