レビュー ラジャトンがスーシティ交響楽団のコンサートでABBAの新たな魅力を伝える

土曜日の夜、スー・シティ・シンフォニー・オーケストラのコンサートに参加した人は、ABBAの音楽にはキャッチーな歌詞とドライビングビート以上のものがあることを知ったことだろう。

6人のシンガーで構成されたラジトンは、ショー・クワイアのような振り付けをしながらヒット曲のほとんどを歌い上げました。オリジナルのABBAより2人多いので、ラジャトンはしばしばボーカルを入れ替え、例えばアハティ・パウナに「ホエン・オール・イズ・セッド・アンド・ダン」を歌わせて、オーケストラだけで歌わせた。

「マンマ・ミーア」、「ダンシング・クイーン」、「サンキュー・フォー・ザ・ミュージック」などのビッグナンバーは、より伝統的な演出で、観客もたくさん参加した。ハンヌ・レポラも客席に飛び込んで、他のお客さんが参加しているのを確認する場面もありました。

このコンサートは、他のトリビュートとは違って、特定の役割を果たす人も、グループの歴史を語る人もいなかったが、大きなノスタルジアを感じさせてくれた。

6人は1幕では黒と金、2幕では銀と黒を身にまとい、冗談を飛ばすことも忘れなかった。

エシ・ウオレラは、ABBAが不幸を歌ったアップビートな曲を作ったことを認めた。フィンランドの人たちは、そういう歌を歌うのが得意なんでしょうね、と彼女は付け加えた。「”私たちには良い不幸がある “とね」。

いくつかの曲には伝統的なバンドの要素もあったが、「The Music of ABBA」は2月に行なわれたドン・フェルダーのコンサートとは違っていた。このコンサートでは、オーケストラは付加的な存在ではなく、プレゼンテーションの重要な一部でした。

アカペラの曲(「ヘッド・オーバー・ヒールズ」と「悲しきフェルナンド」)では、ビートボクシングや独特の動きがあり、古いナンバーに新鮮なアプローチがなされていました。ヴォーカル・パーカッションを担当したベーシストのユッシ・チデニウスは、低音を自在に操り、胸骨を振動させることができる。

「SOS」、「チキチータ」、「ギミー! ギミー!ギミー!」。ギミー!ギミー!」と、ジャンプスーツやプラットフォームシューズを使わない70年代トリビュートとしては、この上なく満足のいく夜となった。

アイリ・イコネンとソイラ・サリオラもソロで参加し、レパートリーを広げ、ラジャトンがクイーンやビートルズを取り入れたらどうなるだろうと聴衆に思わせる。再登場?悪くないアイデアだ。

このコンサートでは、スーランド出身のジョン・オズボーン、ロン・クレメンツの復帰を含む2022-23年シーズンの予定も発表された。

https://siouxcityjournal.com/news/local/review-rajaton-offers-a-new-look-at-abba-in-sioux-city-symphony-concert/article_c26f99a7-399e-564a-a9b1-654c8d9e317d.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。