出会いの日・ミニの日・Life2.0の日「今日は何の日・3月2日」

3月2日水曜日

皆様おはようございます。体調はGOODですか?僕は昨日「3回目のワクチン(3回ともファイザー)」を打ってきました。「いつになったら3回目を受けられるのか?」と役所に電話しようとしたとしたまさにその日に偶然「3回目接種券」が届きました。しかし封書の中には「8カ月経たないと……」と書いてあったので医者に尋ねたところ「私ではわからない」と何とも無責任な回答が返ってきたので、役所のワクチン予約センターに電話したところ「接種券が来た時点で受けてOKと言う意味です」との回答を得たので昨日打ってきました。よくわかりませんが、ネットではあちこちで「東京都」が無料接種を開催しています。皆様のお住まいの役所に電話しても不明な場合が、都道府県が独自に「3回目ワクチン」を開催しているので探してみることをお勧めします。昨日も私が向かう接種会場の途中で若いあんちゃんが「東京都の接種会場はこちら」というプラカードを持っていました。役所は適当ですねえ。

今日は「出会いの日」「ミニの日」「Life2.0の日」です。

まず「出会いの日」から。

なぜ3月2日が「出会いの日」なのかというと、3月2日という日付が「3(ミー)2(ツ)」という語呂合わせであることが由来となっています。
「出会いの日」については株式会社カラットクラブの代表であるマリッジカウンセラーの岡野あつこ氏によって制定された記念日となっています。
人と人のでい合いは友情や愛情などを生むことから、「出会いに感謝して新たな愛を育む」ということを目的として「出会いの日」が制定されました。
恋愛だけではなく、友人やたとえ一期一会の出会いだったとしても人と関わりを持つことは重要ですよね。
買い物に出かけて店員さんに笑顔で対応してもらって、少し会話をするだけでも憂鬱な気分が晴れたりすることもありますよね。
逆にずっと家にこもっていると人との関わり方がわからなくなってしまいますし、とりあえず外に出て誰でもいいから人と関わる事は本当に重要だと言えます。
「出会いの日」をきっかけにして友人や恋人の出会いに感謝し、新たな人との出会いを求めて外へ出かけてみるのはいかがでしょうか?

6月といえば「ジューンブライド」と呼ばれていて、6月に結婚した花嫁は幸せになれると言われていますよね。
しかし、なぜ6月に結婚することが「ジューンブライド」と呼ばれるのかを知っていましたか?
実はローマ神話に登場する女神であるジュノーが由来となっていて、ジュノーは結婚生活を守る守護神だとされています。
6月を英語にするとJuneとなりますが、これも女神ジュノーが由来となっていて、そのため「ジューンブライド」と呼ばれるようになったのです。
しかし、残念ながら日本では6月に梅雨の時期を迎えることから6月に挙式が挙げられることは少ないのです。
日本ではどちらかというと暑さも和らいで比較的に天候が安定する秋に挙式を挙げるひとが多いそうです。

もしかすると映画などで見たことがあるかもしれませんが、欧米の結婚式では花婿がドレス姿の花嫁をお姫様だっこしていますよね。
日本の結婚式ではほとんど見かけない後継ですが、実は欧米の結婚式で行われているこの風習にもちゃんとした理由があります。
欧米では無垢な花嫁は悪霊の影響を受けやすいと考えられていることから、新居の敷居をまたぐ時には花嫁をお姫様だっこをするそうです。
戸口は人間の住む世界と死んだ人の境界線だとされているため、無垢な花嫁がそのまま敷居をまたいでしまうと、花嫁の中に死者の世界の悪霊が入ってきてしまいます。
そのため、悪霊から花嫁を守るためにも花婿が花嫁をお姫様だっこすることによって悪霊が入ってこないようにしているのです。
お姫様だっこをしている姿はとても幸せそうに見えますが、花嫁を守る意味合いも込められているんですね。

*皆様の「出会い」は電撃でしたか?僕は昨年から全く出会いがなくなりました。なんとかしなければ。

次に「ミニの日」について。

なぜ3月2日が「ミニの日」なのかというと、「ミ(3)ニ(2)」という語呂合わせが由来となっています。
ミニチュアや小さいものを愛そうという事が目的となっています。
2001年に開業した自動車ブランド「MINI」の輸入元であるBMWジャパンによって制定されました。
小さいものを愛するイベントということで、なんとも範囲が大きくて抽象的な気がしますよね。

◆世界最小の人物

世界で一番身長の低い人物ってどれぐらいの身長かを知っていますか?
世界で最も身長の低い男性は、ネパール人のチャンドラ・バハドゥール・ダンギさんという方で、身長はなんと54.6cmしかないそうです。
もちろん子供ではなく成人男性です。
続いては世界で最も身長の低い女性についてです。
世界で最も身長の低い女性は、ポーリン・マスターズさんという方で1876年にオランダで生まれた方です。
その身長は58cmだったとされていて彼女は18歳の時には亡くなってしまったそうです。
亡くなる前にはサーカス団に所属しており、世界中を巡業していました。

◆世界最小の銃
世界最小の銃でスイスミニガンという銃があります。
なんとそのサイズは5.5cmしかなく人間の親指程度しかありません。
しかし、世界最小と侮ってはいけません。
実弾を込めて発砲することが出来て、近距離では充分に人を殺傷する能力を持っているそうです。

◆世界最小の刑務所
英仏海峡にある、チャンネル諸島サーク島にあるサーク刑務所。
これが世界最小の刑務所といわれていて、その収容人数は2人となっています。
2008年に民主化されたばかりの島のため、人口が600人程度しかいないようです。
そのため刑務所の収容人数も少なく、建物もとても小さいため刑務所というよりは納屋といった感じです。

◆世界最小のトイレ
世界最小のトイレは日本によって作成されました。
セイコーの技術者によって制作された世界最小のトイレは、顕微鏡を15000倍に拡大しなければ確認できず、髪の毛の太さの10万分の1程度しかありません。
もちろん使用できるわけもなく、一体なんのために作られたものなのでしょうか・・・

*皆様は「ミニ」と言えば何を想像しますか?ミニスカート?ミニカー?人間は「ミニ」を作ることに関心があるのですね。枯山水もいわば「自然のミニ版」ですしね。

最後に「Life2.0の日」について。

なぜ毎月2日が「Life2.0の日」なのかというと、マニュライフ生命保険株式会社が掲げる自分らしい生き方である「Life2.0」が由来となっています。
マニュライフ生命保険株式会社によると、「Life2.0」については未来を前向きに自分らしく行動する生き方のことだとされています。
この「Life2.0の日」をきっかけにして、将来について考えてもらうということが目的の記念日となっています。
仕事をすることはもちろんですが、プライベートな時間に楽しめる趣味を持っていたり、一緒に過ごす親しい友人や仲間がいることは人生の充実に繋がりますよね。
どちらに偏りすぎるのも良くなくて、特に仕事ばかりしていて日々を過ごしていると、精神的に疲れてきてしまいます。
逆に仕事に余裕があっても趣味がなくて家へ帰って毎日ぼーっとする日々が続いても刺激が足りない感じがしますよね。
「Life2.0の日」をきっかけにして、人生を充実させる意味で興味のあるいろいろなものに挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

世界には日本には存在しない様々な面白い保険が存在しています。
保険とはいざという時のための備えなんですが、そんなことのために保険を用意しておくの?と驚いてしまいます。
例えばイギリスには「胸毛保険」という保険が存在していて、胸毛保険に加入しておくと「偶然のアクシデントなどで胸毛を失った場合、最高で約2億円の保険金が支払われる」といった内容になっています。
そもそも偶然のアクシデントで胸毛が失われるところが想像できないですよね。
もちろん自然に抜けた場合には保険金は支払われないなどの取り決めもされています。
皆さんもイギリスに国籍を移された場合にはぜひ「胸毛保険」を利用してみてください。

世界にはほかにも面白い保険が存在しています。
それはオランダにある「ワールドカップ休業保険」という保険です。
日本でもサッカーは人気のスポーツですが、サッカー強豪国であるオランダにも熱烈なサッカーファンがたくさんいます。
そのことから、ワールドカップが開催されている時期にはオランダ代表が試合をする日や試合の翌日に欠勤者が続出する事態が発生し、経営者の頭を悩ませました。
その結果誕生したのが「ワールドカップ休業保険」であり、もしもオランダ代表の試合日や翌日 に欠勤者が出たときには保険金が支払われる仕組みとなっています。
勤勉だと言われる日本人にとっては、ワールドカップ開催で会社の運営がままならないほどの欠 勤者が出るなんて想像ができないですよね。

*皆様はどんな「保険」に加入していますか?最近では「ネット保険」ですかね?便利な時代になりました。

本日もよろしくお願いいたします。

★東山凛太朗オフィシャルサイトグランドオープン!!

https://higashiyamarintaro.net/

2020年3月29日夕方『新コロナは中国が意図的に作った菌』と書いたら『5,000本』あった記事を全部消されましたので『ゼロ』からID(アドレス)を作り直しました。『私のブログに登録』してくださった皆様には大変ご迷惑をおかけしました。改めてよろしくお願い申し上げます。

『3・11』の時『東日本震災の真実』を書いた時もブログ10,000本を民主党政権に抹殺されました。

これからも負けずに書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

*今日の記念日は他にもあります。

Copyright © STARDUST PROMOTION, INC.All rights reserved.

Copyright © Rintaro Higashiyama.Mamechishiki. All Rights Reserved.

フェイスブック版:https://www.facebook.com/seijibunka

アメーバ版: https://ameblo.jp/higashiyamarintaro/

東山凛太朗特集:https://fika.cinra.net/article/201808-abba

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。