歴史上最も不朽のポップグループ、ABBA入門ガイドはいかがですか?

1974年の『ユーロビジョン・ソング・コンテスト』にスウェーデンからエントリーしたアーティストが、キラキラ光るプラットフォーム・ヒールを履いてステージに登場したとき、ポップ・ミュージックのあり方は一変しました。スウェーデンのスーパーグループABBAは、メンバーの名前(アグネタ、ビヨルン、ベニー、アンニ・フリード)、後に恋愛関係になる)の頭文字をとったもので、最大公約数的なディスコ・ヒット、グラム・ロックの傾向、そしてソウルフルなバラードで世界を席巻しました。アメリカの音楽評論家ロバート・クリストガウに「敵」と言われたABBAは、キャリアを通じて一発屋と言われていましたが、彼らは偶然にも完璧なポップスの錬金術を何度も見つけることができたのです。

ABBAは8枚のレコード(最近の9枚目については後述します)をリリースし、後のポップス界の巨頭たちの青写真を示しました。音の幸福感と歌詞のメランコリーの衝突、ABBAの精神的後継者で同じスウェーデン人のRobynが泣けるクラブ・ダンス・ポップとして結晶化させた音楽的感性です。

ABBAの音楽は、ポップスの中でも最大級のものだと思います。恋に落ちることは19世紀の戦いであり、恋に落ちることはお化け屋敷であり、ダンスフロアは重要なことがすべて起こる場所なのだ。恍惚感から失恋まで、私たちの感情の風景は緊急に、そして喜びをもって称えられるべきであり、人生の限りある瞬間を3分間の曲に瓶詰めするのだ。なぜなら、17歳を過ぎて、あるいは真夜中の一撃を受けて、あるいはクラブの照明が点灯した後、ABBAはすべてが変わることを知っているからだ。

1983年に静かに活動停止してから約40年、ABBAは再集結し、今世紀初のニューアルバム『Voyage』をリリースしました。ポップス界で最も偏向的なバンドのスマッシュヒット、ファンのお気に入り、ディープカットを再訪するのに、これ以上の絶好の機会はありません。

★新鮮な顔をしたグラム・ロックのABBAに入ってみませんか?★
ABBAが1974年にフィル・スペクターの影響を受けた「恋のウォータールー」でユーロビジョンの優勝者になったとき、実は彼らは2回目の出場だったのです。その1年前、ABBAはスウェーデンのコンテスト「Melodifestivalen」に出場し、「リング・リング」で3位に入賞していた。結果は3位だったが、「リング・リング」と同名のデビューアルバムはスウェーデンでヒットした。「恋のウォータールー」は、「リング・リング」の60年代の古典的なポップスの構成に比べて、はるかに密度が高く、音的にも洗練されているが、この2曲は、キューピッドの矢で血まみれになった運命の恋人たちという、ABBAの歌詞の基礎を作ったものである。

「恋のウォータールー」でのピアノのクラッシュは、デビッド・ボウイやウィザードなど、グループが影響を受けたグラムを連想させます。「ホール・イン・ユア・ソウル」は、1977年にリリースされたポップ・ロック・アルバム『The Album』に収録されている曲で、このジャンルへの頌歌となっています。ビヨルンとベニーは「魂の穴を埋めるには、ロックンロールでなければならない」とつぶやき、フェルトスコグは「彼らは君の目に唾を吐くだけだ」と叫び、エレキギターが鳴り響く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。