毎晩7時になるとダンシング・クイーンが聞こえてくる。イギリスランドマーク隣の住むということ。

ABBA Voyageから大英博物館まで、観光地やランドマークとなる施設のそばに住むということは、非常に優れた才能であると同時に呪いでもあるとEleanor Peakeは考えています。

私の家の外には、黒い一枚岩があります。しばらくは、それが何なのか分かりませんでした。日々、建設業者がこの六角形の建物を建てるのに懸命だったのです。宇宙船と見間違うこともあった。

ある夜、「ダンシング・クイーン」のジングルが鳴り響いた。次の晩も同じように鳴った。その次の夜も。今では毎晩、私の家の窓から見えるこの通りは、虹色の光のスペクタクルで、退屈な通りを照らしている。

もちろん、ABBA VOYAGE・スタジアムのことである。5月にオープンして以来、最大3,000人を収容できる会場で、ホログラフィックスタイルのABBAの生まれ変わりを見ようと、世界中からファンがロンドン東部に集まってきている。約100ポンドのチケットを購入した参加者は、10人編成の生バンドによる音楽とともに、初期のコンサートの画像から作られたバンドのABBAターを体験することができる。

平日の夜、私が仕事から帰宅すると、ファンたちはすぐに見つかります。キラキラしたフレアパンツ、大きな丸いサングラス、そしていつもではありませんが、花のカチューシャです。近未来的なコンサートを見ようと、通りには行列ができ、会場から半径2マイル以内の地下鉄駅はスパンコールを身に着けた群衆でいっぱいになる。

ここで、私がABBAを愛していることを認めておくことが重要だろう。毎晩(スタジアムが閉まる火曜と水曜を除く)ABBAに支配されているにもかかわらず、チケットを買って、そう、お金を払って、ライブを見に行ったことがあるのだ。

5月、まだ会場が何に使われるのか知らなかった頃、私は街で本物のABBAのバンドメンバーを見かけた。白衣の彼らは、初日を迎えたファンやパパラッチに手を振っていた。私は立ち止まって写真を撮ったが、すぐに警備員に追い返された。

自宅に戻ると、スピーカーから大音量で「スーパー・トゥルーパー」を流した。

ほとんどの日、週末は1日2回、私はABBAに囲まれている。しかし、この過剰な露出がなぜか反感を買うことはない。むしろ、ABBAと不思議な関係を築いている。今、ABBAを聴くと、安全な自分のアパートを思い出す。まるで、ロンドンの格安ミュージカル『マンマ・ミーア!』の中で、4人のスウェーデン人ポップスターと同居しているような気分だ。

そして、それは私だけではないはずだ。大きな文化イベントの近くに住むことは、楽しいと同時に疲れることでもあるのです。『Big Fat Negative』という本の共著者であるエマ・ハスレットは、ノッティングヒルのカーニバルが開催される裏通りに9年間住んでいたそうです。「私はカーニバルが大好きでした。住民なら、カーニバルが開催されるときは、身を乗り出すしかない」
「でも、年配の方の中には、この地域から簡単に出ることができないので、事前に食べ物やお酒を買いだめしておく人もいましたね。地下鉄は出口だけだし、道路を走ることも許されないしね」。

西ロンドンの裕福な人たちは、週末だけ完全に帰る人もいました。しかし、ハスレットにとっては、フェスティバルと一緒にいることが楽しみの一つだった。

「毎年、パートナーと一緒にパーティーを開いていたんです。私たちは地下にあるアパートを借りていたので、玄関のドアは酔っ払った人たちがトイレとして使っていたんです」。

バンクホリデーパーティーの中での生活は、ハスレットが妊娠するまではうまくいっていた。「出産予定日がカーニバルの週末だったので、陣痛が始まって帰れなくなるんじゃないかと心配でたまりませんでした。病院まで車で行けるわけもなく、陣痛が始まってから酔っぱらいの群衆の中を歩くなんて、これ以上悪いことはないと思いました」。

ありがたいことに、ハスレットさんの主治医はお祭りの1週間前に陣痛を誘発することに同意し、彼女の不安は解消されました。

「タイミングが悪かったかもしれない」と。

グラスゴーでは、O2アカデミーの隣に住む保育士アビーゲイル・ロバートショーにとっては、あまり楽しいものではありませんでした。

「木曜日と週末はいつも、音楽が流れていて、とてもうるさかった。特にクラブナイトの大きなビートは、寝ようとしているときにも聞こえてくるんです」と彼女は言う。

でも、一番ひどかったのは行列でした。「毎晩、人ごみをかき分けて通り抜けなければならなかった。でも、O2のスタッフは後始末をよくしてくれたわ」。

もちろん、ほとんどの人にとって、これらの会場は引っ越してくるずっと前から存在しており(Voyageアリーナは除く)、活動や騒音の可能性を認識していますが、だからといって、それが常に期待通りのものであるとは限りません。

ロンドンの大英博物館から200ヤード離れた場所で育った、慈善団体シェイプ・アーツのゲームプロデューサー、リアム・ヘヴィーは、ジェットコースターのような体験だったと認めています。「観光客に囲まれて育ったことは、とても興味深いことでした。変な話ですが、靴に唾を吐いたりする人もいて、その辺はよくわかりませんでした」
「もちろん、子供のころはよく博物館に行きましたが、大英博物館の場所を聞かれるのは毎週のようにありました。でも今はGoogle Mapsがあるから、もう何年も聞かれたことはない」。

美容ライターのスコット・ウェルズは、ウィンブルドンのテニスコートのすぐそばに住んでいて、夏にはいつも楽しませてもらっている。「テニスのスター選手が歩いている姿は見えませんが、彼らを送迎するプライベートタクシーやレンジローバーはすべて見えます」とウェルズ氏は言います。

「朝の通勤時間は10倍近く混雑し、駅前から人があふれてきます。面白いのは、夜遅く帰宅するとき、ピムスを飲み過ぎて駅に入っていく人たちを見かけることです」。

忙しいイベントの中で生活していると、もちろん大混乱に陥ることもあるが、思わぬ楽しみをもたらすこともある。

ABBA VOYAGEは来年もロンドンで開催されるが、いずれは梱包されて世界の別の都市に運ばれることになるのだろう。次の住人が、私と同じように「ダンシング・クイーン」を楽しんでくれることを願うばかりである。

https://inews.co.uk/inews-lifestyle/living-next-door-uk-noisiest-cultural-landmarks-1788125

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。