現実のコンサートは忘れて下さい。新しいアリーナはデジタルABBAターの為に設計されたものです!

現実のコンサートは忘れてください。ABBAの新しいアリーナは、デジタルABBAターのために設計されたのです。

ABBAのABBAターたちは、ショーの主役かもしれません。しかし、彼らを支える見事なインフラがなければ、このイリュージョンは完全なものにならないでしょう。

コンサートは豪華絢爛なものですが、その本質を突き詰めれば、観客がステージ上の人々を見聞きすることに尽きると思います。完璧なコンサート会場にするのにはどのようにデザインすればよいのでしょうか。

この特注アリーナでは、スウェーデンのスーパースターの4人のデジタルABBAターが、トロン風の電撃的なコスチュームに身を包んで、まばゆいばかりのショーを繰り広げます。5月27日に開幕し、少なくとも12月まで週7回公演されるこの壮大なパフォーマンスには、10人編成の生バンドが隅に控えている。しかし、ステージの主役は6500万画素のスクリーン3枚で、これは巨大なだまし絵のようなもので、観客を騙して非常に平らな面に奥行きを見せるように設計されています。
この体験は、デザインによって超現実的なものとなり、良くも悪くもライブパフォーマンスに革命をもたらすでしょう。ショーが始まって1週間が経ち、モーションキャプチャースーツを着た本物のABBAのスターを撮影して作られた、あの顎を突き出したABBAターがショーの主役であることが明らかになった。しかし、そのABBAターをサポートするために構築された、同じく驚異的なインフラなしには、このイリュージョンは完成しません。

このアリーナは、Stufish Entertainment Architectsによって設計されました。ビヨンセやローリング・ストーンズのステージを手がけた経験を生かし、ショーディレクターのBaillie Walsh、プロデューサーのSvana Gisla、ABBAのメンバーの一人であるベニーの息子Ludvig Anderssonと共同で実際のステージもデザインしています。

鉄と木でできたこの建物は、5年間の使用期間終了後に解体することができます(ただし、ABBA VOYAGEの後に何が起こるかはまだ不明です)。3,000人収容可能で、高さ80フィートのドームの下には六角形の観客席があります。この六角形の形状は、幻想的な雰囲気を醸し出すのに大きな役割を果たしている。六角形の3面は3つの大きなスクリーンに包まれ、残りの3面は客席になっています。中央のスペースがステージです。

6500万画素の3つのスクリーンと、その配置がマジックの多くを担っています。六角形のレイアウトは、観客を包み込み、イリュージョンに欠かせない奥行きの感覚を与えてくれます。StufishのCEOであるRay Winklerは、この体験を、絵を遠近法で見るのにたとえています。「ルネッサンス絵画の前に立つと、その世界に引き込まれ、周りのフレームが周辺に溶け込み、吸い込まれていくため、場所の感覚を失ってしまう」「それこそ21世紀のテクノロジーで、タブローを描いているようなものだ」。

このセットアップは、ゲーマーのデスクにある3つのコンピュータ・スクリーンのようなものですが、ここでは2つのサイド・スクリーンがメイン・スクリーンに表示されるABBAターのクローズアップを表示します。これは、従来のコンサートで見られるスクリーンの役割と同じで、中央のスクリーンに映るアバターが、あたかも物理的なステージで歌う人間であるかのように錯覚させます。

さらに、スクリーンの向こう側には、贅沢なハイテク演出が施されています。ステージ上の生バンドを含む全方向からサラウンドサウンドが流れ、天井には何百枚もの回転する小さな鏡が光とレーザービームを反射させます。
その光はスクリーン上でも再現され、観客は現実世界とデジタル世界の区別がつかないほどです。「デジタルとフィジカルが美しく混ざり合っていますが、デジタルが優れているのは、フィジカルな世界で考えられているステージをピックアップして、現代のだまし絵として再現していることです」とウィンクラー氏は言います。「しかし、どうでしょう。人々はABBAターに拍手を送るのです」。

https://www.fastcompany.com/90759421/forget-irl-concerts-heres-how-abbas-new-arena-was-designed-for-digital-avatars

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。