聴く。クィア・ラテン系アーティストがABBAの名曲をカバー

6月はプライド月間ということで、このクィアなラテン系アーティストが最近新曲をリリースした。ニューヨークのブルックリンを拠点に活動するアミューズメント・アーティスト、ベントレー・ロブレスは、ABBAの名曲「レイ・オール・ユア・ラヴ・オン・ミー」のカバーという新曲を発表した。

「汗臭いナイトクラブのダンスフロアのために作られた」と彼は声明で言っている。「この曲には、新しい命を与えるダーティなダンスポップの基盤があります。ベース・シンセ、新しいキー、そして自信に満ちた歌い方によって、この曲は私が共同プロデュースした曲の中で最も気に入っている曲の一つであり、まさにヘッドターナーです」。また、ロブレスはこの曲を選んだ理由について「リリックは常に私が書けるような気がした」と語っています。彼の曲は通常「感情的な大嵐」であり、この曲の歌詞は「堂々としたドラマチックなもの」だと感じたと述べています。

彼は自分自身のことを、堂々としたクィアであり、騒々しく、情熱的だと言っているので、このような曲になったのはショックではない。ラテン系ポップシンガーは、2019年にデビューシングルをリリースしたばかりの新鋭だ。

Remezclaでは4月に 「i hate the weekend」という曲で、New Music Fridayで注目すべきアーティストとして取り上げている。「ロブレスは率直な告白を連発する」とナエリ・ポルティージョは書いている。「この曲は、渦巻くシンセとハニーなエレクトロポップのラッシュで、コーラスはすぐにRobynレベルの高さまで登っていく」。

新曲では、彼は自分自身の曲でありながら、誰もが知っているABBAを愛する部分を補強するようにした。「この曲のプロダクションは新鮮で、オリジナルとは似ても似つかぬものです」。

ロブレスは6月にニューヨークで公演を行ない、今年後半には2枚目のEPをリリースする予定です。

LISTEN: This Queer Latine Artist Covered an ABBA Classic

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。