賑わうXmas!ABBA「Little Things」!!マライアのクリスマス・クラシック!!!

ホリデーシーズンは、どんな気分で過ごすにしても、サウンドトラックが必要です。ここでは、新年まで笑い明かす人も、去年のクリスマスで泣きそうになった自分を救う人も、あらゆる気分に対応する最高の冬の曲をご紹介します。 


★ジョン・レジェンド「You Deserve It All」
ラファエル・サーディックがプロデュースし、ポップシンガーのメーガン・トレイナーと共作した「You Deserve It All」は、ジョン・レジェンドが騒々しいサウンドとジャジーなボーカルで、愛する人への感謝の気持ちを歌った曲です。

★ABBA「Little Things」
この秋、スウェーデンのポップ・センセーション、ABBAが約40年ぶりに新曲を発表したアルバム『Voyage』には、甘い子供たちの合唱をフィーチャーしたきらびやかなホリデー・トラック「Little Things」が収録されています。

 

★アダム・サンドラー「チャヌカ・ソング」
また、アダム・サンドラーが1994年に「サタデー・ナイト・ライブ」で初披露して以来、音楽的に軽視されているユダヤ教の祝日をコミカルに表現したこの曲は、ホリデーシーズンに欠かせない曲となっています。今年は、ロックグループのHaimが、俳優のMaya Rudolphやブロードウェイの伝説的人物である故Stephen Sondheimなどのユダヤ系セレブリティに言及した最新バージョンをソーシャルメディア用に制作しました。

★ケリー・クラークソンとアリアナ・グランデによる「Santa, Can’t You Hear Me」
NBCの「The Voice」のコーチ仲間であり、強力なボーカリストであるケリー・クラークソンとアリアナ・グランデは、「Santa, Can’t You Hear Me」という曲でハーモニーとボーカルランを披露しています。この曲は、クラークソンの2枚目のクリスマス・アルバム『When Christmas Comes Around….』に収録されています。

★テイラー・スウィフト「クリスマス・ツリー・ファーム」は
赤いスカーフを身につけて、テイラー・スウィフトの成功した1年を、高騰する2019年のシングル、”Christmas Tree Farm “で締めくくりましょう。スウィフトは今年、ロンドンのアビー・ロード・スタジオで録音されたこのノスタルジックなトラックの新しい「オールド・タイミー・バージョン」もリリースしました。

★ビーチバニー「クリスマス・コーラー」
ポップパンクバンド、ビーチバニーの新曲は、クリスマスの雰囲気を利用して、昔の火を再燃させようとしています。リードシンガーのLili Trifilioは、「もう何週間も話していないけど、ホリデーシーズンのお祭り騒ぎで話す口実ができたと思えばいい」と切々と歌います。

★ピストル・アニエスの「Come On Christmas Time」
カントリー・トリオ、ピストル・アニエス(ミランダ・ランバート、アシュリー・モンロー、アンガレーナ・プレスリー)のクリスマス・アルバム「Hell of a Holiday」に収録されているこの曲は、官能的なクリスマス・クラシック「Santa Baby」をより控えめにしたものだと考えてください。この曲は、臆病な主人公がサンタクロースに恋をしていることを宣言し、遠くにいるサンタクロースとの相互の愛情を求めています。

★フィービー・ブリジャーズ「If We Make It Through December」
インディーズ・アーティストのフィービー・ブリジャーズは、悲しい歌を歌うことでキャリアを積んできましたが、人々が陽気で明るい気分になったからといって、それをやめるわけではありません。昨年は、カントリーシンガーのマール・ハガードが1973年に発表した “If We Make It Through December “をカバーしました。また、名曲「Have Yourself a Merry Little Christmas」やトム・ウェイツの「Day After Tomorrow」(「きよしこの夜」のブリッジを含む)のカバーも、年末の憂さ晴らしにぴったりです。

★エド・シーランとエルトン・ジョン「メリークリスマス」
エド・シーランとエルトン・ジョンの2人のイギリス人ポップスターが、年末に愛とポジティブさを維持するための気持ちのいい曲を作りました。「今年は辛いことが多かったけど、そろそろ忘れようよ/来年のことはわからないよ」と、陽気な鍵盤の上でSheeranが歌います。

★ジャスティン・ビーバーとプー・ベアをフィーチャーしたブライソン・ティラー「ロンリー・クリスマス」。
R&Bシンガーのブライソン・ティラーは、アルバム「A Different Christmas」の中で、ジャスティン・ビーバーとプー・ベアを起用し、失敗した恋愛を回想しています。「ハヌカーのロウソクが灯らない…. ひとりで過ごす静かな夜の意味がわかったよ」とPoo Bearが歌っています。

マライア・キャリー「All I Want For Christmas Is You」
マライア・キャリーの1994年のヒット曲「All I Want For Christmas Is You」は、発売から25年を経て、ビルボードホット100で19回目のNo.1を獲得したのには理由があります。このホリデー・アンセムはクラシックです。

https://www.wsj.com/articles/christmas-playlist-mariah-carey-abba-songs-11639660905?mod=flipboard

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。