ABBA、バーチャルライブで未来へトリップ。先駆的なプロダクションに潜入

40年ぶりにスウェーデンのポップスター、ABBAが木曜日、待望のライブステージに帰ってきました。実在のミュージシャンは誰もステージに上がっていませんが、4人はロンドンで開催されたバーチャル・ライブ・コンサート『ABBA Voyage』のプレミアに出席し、貴重な姿を見せました。

ビヨルン、ベニー、フリーダ、アグネタはレッドカーペットを歩き、注目のショーの最後に一緒にステージに登場すると、熱烈なスタンディングオベーションを受けました。これは、バンドのデジタルABBAターバージョン(ショーのプロデューサーがどうしても「ABBAター」と呼びたい)を使用し、ロンドンのエリザベスオリンピック公園に新たに建設された容量3000人のABBA Arenaで開催されたショーでした。

『他に類を見ないコンサート』と銘打たれたこの発表会には、スウェーデンのカール16世グスタフ国王とシルビア女王のほか、カイリー・ミノーグ、ザラ・ラーソン、パルプのボーカル、ジャーヴィス・コッカー、ケイト・モス、キーラ・ナイトレイなどの音楽スターやVIPが出席しました。

1983年に活動停止したABBAを愛する人々にとって、ABBA Voyageは、ほとんどのファンが二度と見る機会がないと思っていた、衝撃的な大ヒット曲のライブを実現する。

ライブ音楽業界にとっては、世界的なビッグアーティストが、コンサート会場を満員にし、何百万枚ものチケットを売るために、もはやステージに立つ必要もなく、理論上では老後まで、需要があれば死後までツアーキャリアを伸ばすことができるという、魅力的な未来への一瞥を示すものである。

このコンセプトは新しいものではなく、3Dホログラムを使った音楽ライブは数年前から行われています。エルビス・プレスリー、バディ・ホリー、ホイットニー・ヒューストン、トゥパック・シャクール、ロイ・オービソンなど、成功度や信憑性に差はあるものの、観客の娯楽のためにデジタルで再現されたアーティストがいます。

ABBA Voyageは、技術的にも規模的にも、バーチャル・コンサートの最先端を行く飛躍的な進化を遂げている。しかし、新境地を開拓するには高い代償が必要で、スウェーデンのバンドは制作費をまかなうために約1億4千万ポンド(1億7千6百万ドル)を回収しなければならないと言われている(制作会社の広報担当者は、このショーの舞台費用がいくらかかるかについてのコメントを拒否している)。

この作品の制作は2016年に始まり、その背後にある考え方や技術が進化するにつれて、いくつかの異なる装いを見せるようになった。初期にはホログラム・タイプのイベントとして、次にツアー・コンサート・シリーズとして構想され、その後、ロンドンでのレジデンスに落ち着くことになった。

ベニー、ビヨルン、アグネタ、フリーダのデジタル版を作るために、ジョージ・ルーカス率いる特殊効果会社インダストリアル・ライト&マジック(ILM)の技術者が、ストックホルムの映画スタジオで5週間かけて、現在70代のバンドメンバー4人が、体にぴったり合ったモーションキャプチャースーツを着て、過去の作品を演奏する様子を撮影した。

160台のカメラが彼らの体をスキャンし、すべての動きと表情を記録。モーションキャプチャーのプロセスでは、ボディダブルも使用され、B ÅkerlundとDolce & Gabbanaがデザインしたきらびやかなスパンコールの衣装やウィング付きのカチューシャで、1970年代後半の全盛期を表現したデジタルバンドが、より若々しいエネルギーを持つようになりました。

1,000人以上の視覚効果アーティストと10億時間のコンピューティング時間を費やして、ABBAの耳は不気味なほどリアルで人間のような姿になりました。ショーの間、彼らは6500万画素の巨大スクリーンに映し出され、しばしば若い頃の自分たちの等身大バージョンとして登場します。また、ダンスフロアと客席を囲むように設置された大型スクリーンには、4人のミュージシャンがフォトリアリスティックなクローズアップで映し出されることもある。

さらに、アグネタとフリーダの歌声、ビヨルンのギター、ベニーのピアノと、10人編成の生バンドがエネルギッシュにヒット曲を演奏し、物理世界とデジタル世界の境界をあいまいにしています。

20台の照明装置と500個以上のムービングライトを使った壮大な光のショーが、まるでタイムスリップしてABBAの4人が目の前のステージで演奏しているかのような、視覚的なスペクタクルを生み出している。

ABBAターが観客に語りかけると、事前に録音された彼らの言葉が観客によってかき消される(現実のパフォーマーが本能的に行うように、一時停止して拍手を浴びるのではなく)ため、マジックは一時的に解けてしまいます。しかし、ショーは視覚的に刺激的なスピードで進行するため、このような気まずい瞬間は一瞬で、すぐに忘れ去られます。

また、4人の登場人物が、年齢の割によく見えると冗談を言ったり、衣装を着るのに苦労しているふりをしたりと、デジタル技術を駆使した遊び心も随所に見られる。英国を拠点とするビジュアルアーティストShynolaによる2つのアニメーションは、バーチャルABBAターのパフォーマンスとパフォーマンスの間の大掛かりなインターバルとして効果的に機能している。ベニーの息子Ludvig Andersson、Svana Gisla、ディレクターBaillie Walshが率いる制作チームは、ABBAターのダンスが巧妙な振り付けやシンクロに見えることを避け、オリジナルのパフォーマーが持つ一風変わったホームスピンキーを再現しているのが賢明であった。

「ABBA Voyageによって、バンドは自分たちの音楽と同じくらい輝かしく、時代を超えた記念碑を作ったのです」と、Universal Music Central Europe and Deutsche Grammophonの会長兼CEOのFrank Briegmannは言う。

今のところ、コンサートは90分強で、ABBAの大ヒット曲(「マンマ・ミーア」「サンキュー・フォー・ザ・ミュージック」「ザ・ウィナー」「ノウイング・ミー、ノウイング・ユー」)と、ファンお気に入りのアルバムカット(「ザ・ヴィジターズ」「ホール・イン・ユア・ソウル」「ホエン・オール・イズ・セッド・アンド・ダン」)、昨年のカムバックアルバム『Voyage』の2トラック(「Don’t Shut Me Down」「I Still Have Faith In You」)、計20曲が演奏される予定となっています。

セットリストは時間とともに変化し、再来場を促すために、公演期間中、一定の間隔で新曲が投入されると考えてよいだろう。ABBA Voyageのモデルは、こうした収益機会を最大化するように作られており、少なくとも今後12ヶ月間はロンドンで公演することが決まっており、週末のマチネ2回を含め、週に7~9回のライブを開催します(今週初めのVarietyとのインタビューで、Anderssonはこれまでに約38万枚のチケットを販売したと語っています)。

さらに、この専用施設は、70年代の宇宙船に似た近未来的な外観の鉄骨構造で、291個のスピーカーを備え、外皮にはバンドの名前を綴ったLEDライトが設置されています。ロンドン市議会と4年間のリース契約を結んでおり、2026年後半に英国を離れる頃には、400万人以上の人々がそのドアを通過できることになります(週7回のフル稼働のショーを前提にした場合)。

ABBA Voyageのその後の展開については、2本の長編映画『マンマ・ミーア!』、スピンオフの『マンマ・ミーア!ザ・パーティー』、そして現在も続くABBAの人気によって、あらゆる可能性が開けている。つまり、理論的にはABBA Arenaを梱包して輸送することもできるし、同じ没入型コンサート体験を世界のどこででも複数バージョンで運営することも可能なのです。

ABBA Voyageは、この言葉を現実のものにする。

https://www.billboard.com/music/concerts/abba-reunite-london-voyage-virtual-live-show-premiere-photos-1235078240/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。