ABBA「ABBAターはエキサイティングな新しいこと」

ABBAは今後、コンサートのホログラムを「エキサイティングな新しいこと」に利用する予定だという。

スウェーデンのグループは、5月27日にロンドン東部のストラトフォードにある専用アリーナで行なわれる彼らの「ABBAター」を使ったデジタルショーを見学するためにロンドンに飛び立つという。
彼らは、Daily Star紙の言葉を引用しています。「もしあなたが長年私たちに忠実に付き合ってきたABBAファンなら、私たちの願いは、新しい物語のエージェントとしてアバターを見てもらうことです」「将来、エキサイティングな新しいことにつながるかもしれません」。
このコメントは、バンドメンバーのアグネタ(72)、ビヨルン(77)、ベニー(75)、フリーダ(76)のホログラムが、ポップアップミュージカルプロジェクションから広告に至るまで、あらゆるものに登場するかもしれないという憶測を呼んでいる。
今度のホログラフィック・ショーは、ステージ上の彼らのABBAターが「演じる」ものだが、ABBAの4人のメンバー全員が初演に出席する予定だ。
『The Voyage』ショーには、サー・エルトン・ジョン(75歳)やカイリー・ミノーグ(53歳)などABBA・ファンの姿も期待されている。
2022年5月20日(金)に始まったリハーサルでは、失敗のないリハーサルが批評家から成功を収めたと評価されました。
90分のショーでは、事前に録音されたクラシック曲と「Don’t Shut Me Down」などのバンドの新しいナンバーがミックスされました。
ABBAが最後のミニコンサートを行なったのは、ちょうど41年前。
LIVEではなくスウェーデンのテレビ番組で、ツアー中の果てしない苦労を歌ったヒット曲「スーパー・トゥルーパー」をフィーチャーした短いセットだったのだ。
その中で、次のようなセリフがありました。「All I do is eat and sleep and sing / Wishing every show was the last show / Facinging 20,000 of your friends, how can anyone be so lonely?」という歌詞がある。
グループが耐えた悲しみは、ツアーの耐久性だけではありませんでした。
2018年に再結成したABBAは、もともとアグネタとビヨルン、ベニーとフリーダのカップルで構成されていた。
しかし、両コンビが別れてからわずか数年後の1983年に、バンドは別々の道を歩むことになった。
アグネタとビヨルンは1980年に正式に離婚し、ベニーとフリーダは1981年に離婚を発表している。
離婚から1週間後、ビヨルンには新しいパートナーができ、アグネタはカウンセリングを受けることになった。
2013年、彼女はビヨルンとの離婚時に書かれたABBAの「ザ・ウィナー」で歌う自分の感情について明かした。
彼女はこう語っている。「ビヨルンは私たちの結婚生活が破綻した後に、私たちのことを書いたの」
「私たちが離婚したときに彼が書いたという事実は、本当に感動的です」
「私は気にしませんでした。あの曲を歌うことは素晴らしいことで、そのような気持ちを込めることができたからです」
「世間に公開することも気にならなかった。悪い気はしなかった。あの曲にはたくさんのものが詰まっています」
「私が感じたこと、ビヨルンが感じたこと、そしてベニーとフリーダが経験したことがミックスされているんですよ」。

https://www.conwaydailysun.com/lifestyles/entertainment/abba-announce-their-abba-tar-holograms-are-to-be-used-for-exciting-new-things/image_9552b714-f614-5790-9561-7e7e1c5fa6c4.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。