ABBAが40年ぶりにニューアルバム『Voyage』で復活!ファンは大喜びだが批評家は賛否両論

ABBAは11月5日金曜日、活動停止から約40年後にニュー・アルバム『Voyage』でカムバックし、ファンを喜ばせましたが、批評家の間では賛否両論となっております。

アグネタ、ビヨルン、ベニー、フリーダ(アンニ・フリード)の頭文字をとってABBAと呼ばれる彼らは、前作『The Visitors』から1年後の1982年~1983年に活動停止して以来、新曲を発表していませんでした。

『Voyage』は木曜日の午前0時に様々なタイムゾーンでライブ配信され、世界中の長年のファンを喜ばせました。

長年のABBAファンであるジェフリー・デ・ハートさん(62歳)は、ストックホルムで開催されたスウェーデンのバンドの待望のリリースのための試聴会で、「私たちはただ信じられません…私たちが生きている間に再び経験できることなのですから」と語りました。

ストックホルムにあるABBAミュージアムにも、グループの魔法の再燃を体験しようと、熱心なファンが集まっていました。

「私はABBAと一緒に育ったので、音楽やグループは私の成長にとって重要なものでした」と50歳のファン、マリンさんは、母親がAFPに語った。

しかし、批評家の間では、この復帰について賛否両論があります。

米誌「ローリング・ストーン」は「待った甲斐があった」と評価しましたが、英紙「ガーディアン」は、グループの最も有名な曲のタイトルをもじって、「音楽には感謝しない」と切り捨てました。

★ABBAtars★
何年にもわたる憶測と何度かのヒントの投下を経て、9月にようやく再結成とニューアルバムを発表し、シングル「I still have faith in you」と「Don’t shut me down」をリリースしました。

10曲入りの『Voyage』は、グループがリリースするすべてではありません。

5月にロンドンで開催されるコンサートでは、1979年の自分たちに似せたデジタル・アバター『ABBAtars』と名付けられているも発表されます。

このホログラムは、「スター・ウォーズ」の生みの親であるジョージ・ルーカス氏の特殊効果会社と協力して、何年にもわたるプロジェクトで制作されました。

このホログラムは、スターウォーズの作者であるジョージ・ルーカス氏の特撮会社との長年にわたる共同制作によるもので、技術的な問題や新型コロナウイルスの大流行により何度も延期されてきましたが、5月にようやく公開されます。

グループは当初、ABBAターのアイデアを夢見ていましたが、その後、音楽がそれに続きました。

2018年までに、ABBAはスタジオ復帰の噂を確認し、少なくとも2曲の新曲がレコーディングされていることを確認しました。

しかし、その音楽を秘密にしておくために、多大な努力が払われました。

ベニーは、アルバムが発表されたときのことを次のように説明しています。「最初は2曲だけだったんだけど、”じゃあ、他にも何曲かやったほうがいいんじゃない?”って言ったら、女の子たちが “うん “って言ってくれたんだ」。

でも『なぜフルアルバムを作る必要があったのか』という疑問は残ります。

ベニーとビヨルンはここ数週間、アルバムのプロモーションを行なっており、アグネタとフリーダは、多忙なプロモーションのスケジュールから免れることを選択しました。

今週は、(先週)火曜日の夜にストックホルム北部で行なわれたトリビュートコンサートで2名が死亡したため、すべてのプロモーションが24時間停止しました。

★ABBAサウンド★’
9月に発表された2曲に加えて、10月にはアルバムから3曲目が発表されました。1978年に録音されたものの未発表だった「Just A Notion」を現代風にアレンジしたものです。

新たに発表された曲は、「恋のウォータールー」「ダンシング・クイーン」「マンマ・ミーア」「ザ・ウィナー」「マネー・マネー・マネー」などのヒット曲と比較されることは避けられませんが、メンバーはファンを失望させることを心配していません。

「私たちは何も証明する必要はありません。以前の方が良かったと思われたとしても、それがどうしたというのでしょう?」 と、スウェーデンの日刊紙Dagens Nyheterに語っています。

レコードショップにとっては、このリリースは歓迎すべきことでした。

「私は10年間お店で働いていますが、このようなものは見たことがありません。だから、本当に感激しています」とストックホルムのレコード店「Bengans」の店長Samuel Hagglund氏はAFPに語った。

スウェーデンのファンであるPeter Palmquist氏は、このニューアルバムが新旧の間のちょうど良い音を奏でていると言います。

ABBAのサウンドを忠実に再現していますが、ノスタルジックではなく、現在の彼らではなく、彼らが成長した人々に寄り添っています。

ABBAの国際的な専門家の一人であるJean-Marie Potiez氏によると、年齢を重ねたことで新たなエッジが加わった歌手もいるとのことです。

「アグネタとフリーダの声が高音を失ったのは、年齢を考えれば当然のことですが、深みと繊細さが増しています。『Don’t Shut Me Down』のように2人で歌うと、ABBAサウンドになるんだ」。

ビヨルンとアグネタ、ベニーとフリーダは2度の離婚を経験していますが、ともに数年間の結婚生活を送っていました。

しかし、バンドの9枚目のスタジオ・アルバムである『Voyage』が本当に最後のアルバムになるだろうと、グループの2人のBが10月末のガーディアン紙のインタビューで確認しました。

https://economictimes.indiatimes.com/magazines/panache/abba-return-with-new-album-voyage-after-40-year-hiatus-fans-delighted-but-critics-divided/articleshow/87550794.cms?from=mdr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。