ABBAとユニセフと「Little Things」と「チキチータ」と。

音楽は喜びや安らぎをもたらし、時には命を救うこともあります。 ABBAは、ニューアルバム『Voyage』からのシングル「Little Things」の収益をユニセフに寄付することを発表したのは先日お伝えしました。 この寄付金は、暴力、虐待、搾取から子どもたちを守るためのユニセフの世界的な活動、特にパンデミックの影響で特に弱い立場にある少女たちのために使われます。

毎年、10億人以上の子どもたちが、性的暴力を含む暴力にさらされています。 その影響は甚大で、長く続き、しばしば命取りになります。 10分ごとに、世界のどこかで少女が暴力によって亡くなっています。 しかし、子どもの保護は、物理的な暴力だけではありません。 精神的な健康も、子どもたちの安全と幸福に影響します。 特に少女は、児童婚や性的暴力など、特有の問題に直面しています。
音楽はすべての人にとって、特に子どもや若者にとって重要です。 音楽は私たちを慰め、励まし、落ち着かせ、気分を良くしてくれます。 しかし、音楽は命を救うこともできるのです。 アグネタ、ビヨルン、ベニー、フリーダが「Little Things」という曲から得た収入をユニセフに寄付することを選択したことは、とても素晴らしいことです。 これにより、より多くの子供たち、特に少女たちが暴力から守られ、強化されることになります。 ありがとうABBA。あなたの音楽を通して、より多くの子どもたちが生き、成長し、楽しい気分になれるようにしてくれているのですから。 これは決して小さなことではありません。

ABBAは長い間、ユニセフの活動に関わってきました。 1979年以来、ABBAは「チキチータ」を通じてユニセフを支援しており、2021年までにユニセフに4400万クローネの収益をもたらしました。

「私たちは、女性のエンパワーメントなくして、暴力や貧困を根絶することはできないと考えています。 だからこそ私たちは、ユニセフが少女たちを性的暴力から守り、子どもたちの保護のためのグローバルな活動を強化することを支援しています。 私たちは、長年にわたり『チキチータ』という曲でこの活動を行なってきましたが、今回、2曲目の曲という形でユニセフにクリスマスプレゼントを贈ることにしました」

アグネタ、ビヨルン、ベニー、フリーダの4人は、アルバム『Voyage』から「Little Things」を選びました。
「Little Things」が再生されるたびに、収益金がユニセフに寄付され、子どもたちを暴力から守るために使われます(これは、曲がSpotify、iTunes、Youtubeでストリーミングされたとき、またはシングルを購入したときにも適用されます)。

国連児童基金 ユニセフは、子どもたちの基本的ニーズと人権を確保することを使命として、75年前に設立されました。 まだまだやるべきことはたくさんありますが、具体的な成果も出ています。 ユニセフのジェンダー平等のための活動は、過去10年間に結婚した少女の4人に1人だった児童婚の数を、現在では5人に1人に減らすことに貢献しています。 ユニセフは、150カ国以上で子どもたちを暴力、搾取、虐待から守るためのプログラムを確立しています。 また、2020年までに、新コロナの大流行にもかかわらず、メンタルヘルスの仕事は、危険にさらされている3120万人の子どもたちに届きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。