ABBAの「あるシングル」が最も好きなウェディングソングに選ばれました!

ABBAのシングルが、イギリスで最も好きなウェディングパーティーソングに選ばれました。しかし、それは「アイ・ドゥ・アイ・ドゥ」ではありません。

発売から50年近く経った今でも、スウェーデンのスーパーグループの1976年の大ヒット曲「ダンシング・クイーン」は、大切な日のプレイリストの主な「お薦め」曲となっているのです。

クイーンの「Don’t Stop Me Now」とNeil Diamondの「Sweet Caroline」が、2,000人の結婚式招待客の投票でトップ3を占め、ABBAのもうひとつのヒット曲、「マンマ・ミーア」は5位でした。

その他の人気曲は、ファレル・ウィリアムスの「Happy」、トップローダーの「Dancing In The Moonlight」、キラーズの「Mr Brightside」でした。

また、ビヨンセの「Single Ladies」、ブルーの「One Love」、ステップスの「5, 6, 7, 8」も「究極のプレイリスト」に選ばれています。

ジェイコブズ・ミニ・チェダーズの調査によると、59%のゲストが結婚式の歌の「安っぽさ」を好み、21%のゲストが踊れるヒット曲を探していることがわかりました。

大人の10分の1は、結婚式で踊ったことがないと答えており、良い音楽は重要だと考えられています。また、約30%の人が、結婚式で最もチープなのはスピーチだと考えており、ファーストダンス(27%)、音楽の選択(26%)がそれに続いた。

生バンドとDJのどちらを選ぶかという質問では、ゲストの意見は真っ二つに分かれ、半分が生バンドに、もう半分がDJになりました。ゲストの4分の1(24%)は、その日一番好きなのは実際の式だと答え、22%はパーティーが好きだと答えました。

15パーセントは、翌日の朝食を最も楽しみにしていると答えています。平均的な成人は8回の結婚式に出席したことがあるが、10パーセントは15回以上出席したことがある。

5組に1組のカップルが、特別な日にどんな曲を流すかでもめたと答えている。

https://www.dailymail.co.uk/femail/article-11048215/Guess-Abba-solutely-favourite-wedding-song-not-Do.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。