ABBAの仮設・移動可能なアリーナで、象徴的なバンドの仮想再結成ツアーを開催

◆ABBAアリーナ:バーチャル・パフォーマンスのためのデザイン
ロンドンを拠点とするStufish Entertainment Architectsは、スウェーデンのポップグループの再結成ツアーのために作られた、取り外し可能なポップアップシアター、ABBAアリーナを発表しました。この木造のアリーナは、ロンドン東部のクイーン・エリザベス・オリンピック・パークに建設され、約40年ぶりのアルバム『ABBA Voyage』の発売を記念したツアーが開催されます。この最先端のショーは、1970年代の体験を再現するもので、バンドメンバーはIndustrial Light & Magic社がデザインしたホログラムのような『デジタルABBAター』になってパフォーマンスを行ないます。

この仮設建築は、将来他の場所で使用するために簡単に持ち運べるよう、考え抜かれた設計になっています。3,000人収容のこの建物は、ドックランド・ライト・レイルウェイのプディング・ミル駅横の以前は使われていなかった駐車場に建設され、今後5年間はこの場所に設置される予定になっています。

◆時代を超えた音楽のための仮設会場
Stufish Entertainment Architectsは、2023年5月まで行なわれるABBA Voyageツアーの寿命が尽きるまで、ABBAアリーナを設計しました。このアリーナは5年間はロンドン東部に設置される予定ですが、最終的には別の場所で使用するために輸送される予定です。内部は、61メートル(200フィート)のクリアスパンで形作られ、360度の没入感を味わうことができるようになる予定です。

このショーのプロモーターは、「息をのむような」アリーナについて次のようにコメントしています。「この会場は、ABBAの時代を超えた音楽と見たこともないコンサートを中心に作られているので、一般入場者でも人生の時間を過ごすことができますし、希望すれば客席のオプションも用意されています。自分だけのダンスブースでスタイリッシュにパーティーをすることもできます」。

◆マス・ティンバー・ポップアップ・スタジアム
構造物の初期計画は、2019年11月にロンドン・レガシー開発公社のキャサリン・バードが議長を務める品質審査委員会によって初めて審査された。パネリストたちは、木材のデザインは美しいと約束されていると楽観的であったが、建設に関しては次のような警告を発した:「構造物が再利用されることを考えると–プディングミルでの3年間をはるかに超える寿命が予想されるので–パネルは、品質への投資が今行われることを強く要請する」
「建物のデザインは、その材料も含めて、美しいだけでなく、耐久性のある構造でなければなりません」
「劇場棟の外壁と天蓋の構造の両方に木材を使用するという意図を、妥協することなく完全に踏襲することを強く要請します」。

ABBA’s temporary, transportable arena hosts the iconic band’s virtual reunion tour

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。