BBC批評「ABBAの新曲はヒット曲に匹敵するのか?」

ABBAの新曲の評判はイギリスを除いて、日米ではすこぶる「よくありません」。

ユニバサールがもくろんでいた「多種多様なABBAグッズ」の売れ行きも日本では好ましくありません。

過去に発売された『ABBAイン・コンサート』や『ABBAザ・ムービー』などは当初、筆者はユニバーサル・ミュージックの担当者と「2,000部(冊)」売れれば良いよね?」と目標を立てながら、実際は「500」しか売れなかった商品もあります。

売れない理由の1つは「YouTube」などネットで「タダ」で観られることが要因にあります。

また「ABBAは過去のモノ」を決めつけ、既に「青春時代の思い出」としてヤフオクなどで全部売ってしまった元ABBAファンが実に多いことか。嘆かわしい「真実」です。

今回のABBAの新曲を「ダンシング・クイーン」や「SOS」のようなポップな曲に違いないと思っていた人が多いようですね。でも実際はABBAが最後にリリースした「アンダー・アタック」よりも中身がかけ離れていたので、「ショック」を受けた本当のABBAファンも多く、一応予約してみたモノの、すぐにブックオフやメルカリに並ぶことを考えると本当に寂しい気がします。

本日は海外で筆者と同じように思っている人の考えをご紹介します。

ちなみに筆者は「一通り」予約しました。1つは保存用、1つは聞く用としてですが。

まだ音楽を知るのには早い年齢で、私はすでに熱狂的なABBAファンだった。リコーダーで「ニーナは、かわいいバレリーナ」を習っていたし(ご近所さん、ごめんなさい)、保育園の先生は、私がBの字を逆に書き続けていることを心配していた。

俗物だと思いました。彼らはABBAのロゴを知らないのだろうか?

だから両親は、照明が落ちて私のヒーローたちが大きなスクリーンに登場したとき、何が起こるかを理解していたはずだ。

バンドが「タイガー」を演奏し始めると、私は椅子の上に登って身長を伸ばし、できる限り大きな声で一緒に歌いました。

そして、家族がどんどん席に座っていく中、私は90分間、その場に留まった。

ABBAが活動停止した後、私は彼らが厚かましくも10億ドルの現金のオファーを受けても再結成を拒否した事実を賞賛しました。

私にとっては、それが唯一の可能な行動でした。ベニーとフリーダ、ビヨルンとアグネタの4人のABBA。とりわけベニーとビヨルンの作曲パートナー、ABBAが夫婦として共有していた親密さと信頼感は、外部からの干渉を受けずに実験と革新を行なうことを可能にしていました。

しかし、1980年代初頭に結婚生活が破綻すると、彼らは内なるエネルギーを失ってしまいました。彼らの最後のシングルとなった1982年の「アンダー・アタック」(日本では1983年リリース)は、時代遅れで圧倒的なものであった。かつてビートルズに匹敵する売り上げを誇った英国では、チャート26位にとどまった。

後にビヨルンは、「私たちは単にポップミュージックの主流から外れ始めていたのです」と語っている。私たちは、単にポップミュージックの主流から外れ始めていたのです」ともビヨルンは認めている。「あなたがその主流の一部になることができるのは、限られた期間だけです。つまり、定義するのが難しい、驚くべき神秘的な力です」。

だから、3年前にABBAがスタジオに戻ってきたと発表したとき、私は喜びと恐怖が入り混じった気持ちになった。その後、彼らのステージショーの制作が長引いたために延期されたことも、私の不安を解消するものではありませんでした。

しかし、2021年に『E.T』以来のABBAの新作が登場し、嬉しいことに、彼らは輝きを失っていませんでした。

私たちは、「ヴーレ・ヴー」や「ダンシング・クイーン」のようにズボンを履いてディスコを覗いていたABBAではなく、70代になった彼らが自分たちの人生を回想し、全盛期に作った音楽を振り返っている姿で参加しています。

新曲発表の記者会見でビヨルンは、「今日のチャートがどうなっているかなんて考えたこともありませんでした。私たちは最初から、ただ最高の曲を書こうと決めていました」。
「ドレイクや他のアーティストたちと競争するつもりはない」とベニーは付け加えました。「今の時代に通用する曲の成分が何なのか理解できないから、真似できないんだよ」。

◆ファイターズ・イン・ア・リング
リード曲の「I Still Have Faith In You」は、二人の友情と、離婚や失恋にもかかわらず成熟して生き残った絆への頌歌です。

穏やかなオーケストラのうねりの中で、「稀に見る心と心の結びつきがあった」と彼らは歌います。

ゆっくりと、荘厳に、パワーコードと目の覚めるようなハーモニーに満ちた天文学的なクライマックスに向かって、カルテットは宣言します。「喜びや悲しみを通して、私たちには物語」があり、それは生き残ったのです。

勝利の凱旋のように感じられるなら、それは公正なことだ。ABBAは、その全盛期に残酷なまでに不当に酷評されていた。ある悪名高いレビューでは、「我々は敵に出会った、そして彼らは」と簡単に宣言している。ある有名なレビューでは、「我々は敵に出会った、そして彼らは彼らだ」と断言しています。

しかし、記録的な大ヒットとなったコンピレーション『ABBAゴールド』やミュージカル『マンマ・ミーア!』などのバック・カタログを慎重に編集することで、バンドは1970年代に最も尊敬され、愛されたポップ・グループとしての王座を徐々に取り戻していきました。

この曲は、彼らの友情にインスパイアされたものですが、”We need one other, like fighters in a ring “というラインは、彼らのそばにいてくれたファンに向けられたもののようです。

2曲目は、感情的な共鳴は少ないものの、アップテンポなバウンス感がラジオやストリーミングのプレイリストで人気を集めるはずです。

「Don’t Shut Me Down」と名付けられたこの曲は、ベニーとビヨルンのポップなソープオペラのようなもので、今回は、かつての恋人と再会した女性が、勇気を出してドアをノックするまで、昔のアパートをうろつくというストーリーです。

アグネタは、「落ち葉のメロディ」「チキチータ」「ザ・ウィナー」など、ABBAの大ヒット曲を生み出してきた人物であり、この曲ではリード・ヴォーカルを担当しています。ベニーのピアノコードの変化が、彼女の不確かさを強調している。

彼女が「私は対処することを学びました。愛と希望があるからこそ、私は今ここにいるのです」と訴えた後、曲は崖っぷちに立たされた状態で終わります。このジャンルの2人の巨匠による、巧妙なポップライティングである。

2曲とも、ベニーとビヨルンは、若さを取り戻そうとするという落とし穴だけは避けている。この曲は、彼らの人生、愛、勝利、失敗を回想した秋の曲である。キャンバスは同じだが、色は落ち着いている。

では、来年ロンドンでABBAの『バーチャル・コンサート』が始まるとき、私は椅子の上に立ってこれらの新曲を歌うのだろうか?

そうですね、そうしましょう。昔からの友人のように、一緒に慰めを見つけようじゃないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です