ABBAの4人が再び一緒に集い、そして演奏することの希望の高まり!!

グラミー賞選定上層部は、ABBAの再結成公演を実現させようとしていると報じられています。

アグネタ、ビヨルン、ベニー、フリーダからなるスウェーデンのポップアイコンたちは、1982年以来一緒に演奏していません。

「ダンシング・クイーン」のヒットメーカーは、カムバック・シングル「I Still Have Faith In You」でグラミー賞のレコード・オブ・ザ・イヤーにノミネートされており、主催者は4月3日にラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで公演するようバンドを説得したいと考えていますが、それは難しいことが判明しています。

ある関係者はThe Sun紙のBizarreコラムにこう語っています。

「グラミー賞の運営チームは、ビヨルンとベニーに4月のステージで4人が再会することを打診している」
「彼らはそれを実現するために天と地を動かす用意があるが、グループ自身を説得するのは難しいことが判明している」
「夢は、彼らの最後のパフォーマンスになる可能性のあるライブで歌ってもらうことだが、少しでも希望があるなら何でもするつもりだ」
「もし、彼ら4人が集い、演奏となれば、他のアーティストが演奏するヒット曲のメドレーが検討されています」
「ABBAには素晴らしい音楽的遺産があり、グラミー賞はそれを祝いたいのです」。

グループは昨年、チャート上位にランクインした『ヴォヤージ』で、約40年ぶりに新曲を発表して再結成しました。

「恋のウォータールー」のヒットメーカーは、このレコードにちなんだデジタルABBAターショーを5月に開催する予定です。

このグラミー賞の話題は、2024年のABBAターレジデンスの可能性について、ABBAがラスベガスの会場間で激しい入札合戦の対象になっていると言われていたことを受けてのものです。

ベニーとビヨルンはこれ以上新しい音楽とショーをやるつもりはないと主張していますが、MGM Resorts、Caesars Palace、Resorts Worldなどがシン・シティでのABBAターショーの開催に向けて争奪戦を繰り広げていると報じられたのです。

「マネー、マネー、マネー」のヒットメーカーが取引に応じれば、10億ポンド(約200億円)近くを巻き上げることができるとさえ言われてさえいます。

ある関係者は11月に「ラスベガスでのABBAの新ショー “Voyage “には大きな意欲がある」と語っています。

「MGM Resorts、Caesars Palace、Resorts Worldの3社は、このショーを確保しようと必死で、入札合戦を繰り広げている」
「ABBAの魅力は世界的なものであり、この新しいABBAター技術がラスベガスのストリップに登場すれば、大きなショーケースとなる」
「プロモーターと3大カジノの間で、エンターテイメントを目的とした交渉が初期段階にあります」
「お金の問題とは別に、音響設備と親密な観客を作るのに最も適しているかということが重要な決定事項であるということです」
「このショーは、ロンドンでの公演後、アメリカに渡り、ラスベガスで10億ポンド(200億円)近くの利益を上げることができると言われています」。

現在の計画では、2024年の開幕が考えられており、それは彼らの「ユーロビジョン」優勝50周年と、チャートトップの「恋のウォータールー」のリリースと同時期となります。

『Voyage』コンサート体験は、2022年5月27日にロンドンのクイーン・エリザベス・オリンピック・パークにある最新鋭の3 000人収容のアリーナであるABBAアリーナでオープンする予定です。

https://www.iol.co.za/entertainment/music/international/abba-wanted-for-grammys-reunion-558b950a-e1ab-42dc-9dd1-17d40de93218

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。